« オタクのビジネスモデル | トップページ | 3D時代がやって来…… »

○流ブーム

某部長の話が面白かったので続き

「○流って、国家規模の売り込みやっても儲からないことを証明した分、興味深いよね。 動員でステータス獲得みたいな、(どこぞの宗教団体)とまったく同じ戦略……(以下略)」

「だいたい一人商品で死んだだけでも会社が傾くのに、○国まで行って○○○被害に遭っても何も報道されないって、絶対ないでしょう」

「YOUTUBEで何億回再生ってのに目をつけたのはいい。 タダで見せてネット視聴率稼げと、口を酸っぱくして言ってきたので時代は変わったと思った。 簡単にここまで数字操作できることも

「○流って少女漫画消費世代なんですよ支持してるのは。 本能的に恋愛消費はしたいんだけどリアルが追いつかない恋愛弱者。 整形イケメンが無茶な設定で愛を語る。 萌え系、腐女子と消費パターンは一緒

「○国だから毛嫌いしてるのっても馬鹿ですね。 向こうはリアルに戦争脅威があるからシリアスな物の表現力はあると思いますよ 儲からないから日本に入ってこないだけなので、こっちは褒めてやって」

「実際問題、馬鹿な子からお金を巻き上げてるっていうか(笑) 広告費とか投資してもみんな○流なんて消費しないから、日本の資金は流れていかない。 せっせと売り込むのに金を出してくれるので、そりゃーマスコミは文句言いませんよ。 馬鹿なプランナーが尻馬に乗ろうとして○流タレントを押さえようと必死になって笑われる」

「その結果、嘘で町中を闊歩する人たちに居場所作っているので、まあ文化的領土侵略ですよね」

「日本でも「アラブの春」は起こってるんですよ。 それが原発利権に反発する人たちだったり、ブームでも無いものをゴリ押しする○流嫌いだったりとか、ネット世論が形成されている」

「ただし、打倒したところで良くなるどころか、むしろダメになるデメリットも知らないと後で痛い目に遭う。 原発反対なら明確な新エネルギーを支持、○流嫌いならもっと好きな物を支持して盛り上げていくべきなんですよ」

|

« オタクのビジネスモデル | トップページ | 3D時代がやって来…… »

映画・テレビ」カテゴリの記事