« バトルシップ | トップページ | コンデジも使いよう »

ええい、この○○は化け物か!

 久々にコンデジ購入。 コンデジ>ミラーレス>APS-C>フルサイズと経由して初心に戻ってきました。 久々のコンデジ性能に結構驚いたので、その辺のレポート。
購入したのはSONYのDSC-HX200Vです。

画素数がすごかった
 なんとまあ、1820万画素。 キャノンのプロ用フラグシップの1Dxが1810万画素なので、単純比較で「60万円のカメラよりも上なんです」と言っても嘘じゃ無い。 1000万画素以上はモニターで見る限りはいらないので、プリントクオリティとの直結ともいえます。 かなり大きく伸ばしてもOKな画素数で常時バシバシ撮れてしまうってこと。

ズームもすごかった
 光学30倍、デジタル補正で60倍。 一眼レフでこれくらいの倍率のレンズ買ったら、ン十万円~ン百万円します。 今回購入を決めたのはこの高倍率で手ぶれしません というとこに惹かれたのが要因です。 対象に近づけない場合はすごく有効な機能で、いくら高倍率でも三脚必須とか、条件クリアしなきゃダメなのは実用に向きません。

安い!安いぞう!
 ヨドバシで37000円 マジっすか!というぐらいの低価格。 ズームレンズ買うより安い。ネットだとさらに安い。

屋上屋を架す(おくじょうおくをかす)
 コンパクトデジタルもいろいろ新機能を実装してるわけですが、本機もピクチャーエフェクトの充実やら、GPS機能の搭載やら、カメラ同士でデータ飛ばしたりとか、3Dで撮れますよとか、てんこ盛りの機能。スマホとの差別化に躍起です。

撮れればいいじゃん!的機能
 たとえば暗いところでの撮影。感度を上げたりいろいろ大変なのですが、SONYは数年前からカメラ内で合成して暗いところでも画を写すという機能を実装。 これがかなり便利で失敗が少ない。
 コンデジはボケ画像に弱いと言われているのですが、ボケ画像ピン撮り画像と合成してデータ的に被写界深度を作り出したりするんですよ! もうバカですね(ほめ言葉)!

バリオ・ゾナーT*
 なにげにカールツァイスレンズ。 Eマウントだと高かったのに!

個人的に一押しの連射再生
 10枚連射ができるのですが、カメラ内で傾けると連続再生できるので、なんでもフィギュア感覚で楽しめます。

業界人よ驚け!フルHDで60P撮影!
 まともな映像関係の人なら「60p?、60iのことでしょ」と言うぐらい基本あり得ない動画撮影モード。このすごさは後ほど紹介しましょう。

 

主な×部分
 基本的に動作がもっさり。 メインスイッチが押しづらいのでささっと撮れない。ムダにハイスペックすぎて、記録に時間がかかるので高性能カードが必須。
 画的に満足感は無い。 センサーサイズ的に仕方ないのはわかってますが、フルサイズに慣れると……。 その分しっかり撮る方にシフトしているのでそっちでは満足。

 ざっと触って思ったのは「撮れりゃいいんだろう」的な力技が満載なところ。 なんでフルサイズの後にコンデジ買ったかというと、取材用で、すぐに出せて必要な部分を記録できることに特化した物がほしかったからです。 顔認識、追尾フォーカスなんかもかなり使えます。
 この辺は割り切りで、他人に見せて感心されるような写真を撮りたければ、ミラーレスあたりをおすすめします。
 コンデジでもメーカーによってアプローチが違うので一概にはおすすめしませんが、HX-200Vが無駄にハイスペック過ぎる。ことは間違いないと思います。

 すべての機能を一つに詰め込んでいるので、取材や記録写真向けの実用機材としてはほぼ言うこと無し。バッテリーもう一個買っておけば旅行に重宝するでしょう。専用充電器だけでは無く本体で充電できるとこも、ちょっとポイント高いとこ。

 

|

« バトルシップ | トップページ | コンデジも使いよう »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事