« 上達のコツ | トップページ | 手に入れられるもの »

ヤマト2199

 ヤマトと聞けば飛びつくおっさん世代。初日初回に行って参りました。

 昔と違って「映画を見るため」ではなくて「グッズ販売」に並ぶのが今様。 数量限定の特典付き劇場先行販売目当てとなると、やっぱり並ぶしかないのですね。

 映画というか先行上映の1.2話に関しては「思った以上にちゃんと作ってた」とだけ。 相変わらずツッコミどころは満載ですが、旧作ほどひどくないので整合性を踏まえた上での改変はいいことだと思います。 全般にエロい。服着てるがエロい。

 個人的に感慨深かったのは、宇宙艦艇の高速機動戦闘。 ヤマトブーム当時はSFブームでもありまして、スタジオぬえの、スターシップライブラリー(スタジオぬえ SFマガジン掲載)とかでヤマト的な「艦艇式宇宙戦艦イメージ」の弊害みたいなことが書かれていたので、宇宙空間をもたもた進んで、艦砲をぶっ放し合う戦闘から、ヤマトが脱却できたところはやっと、世代交代してきたという感じ。

 ヤマトのファンがヤマトもどきを作るんじゃなくて、ヤマトのファンが新ヤマトを作るということでは画期的ではないかと思うのでした。





以下 気になったところ(ネタバレ注意)



















・UボートもどきのBGMがこっ恥ずかしい。
・「トップをねらえ」とかでヤマトの後世代がアニメを作って、それがヤマトに戻ってきた感じ。
・沖田艦長の「馬鹿め」はただ単に挑発するだけで、防御策を持たない馬鹿な行為。 これで歴戦の勇士といわれても説得力がない。 「馬鹿め」の前に圧倒的戦力差で不利な状況から発してないとだめなセリフ。
・「状況」がまるで描けていない。 ”ゆきかぜ”がしんがりをつとめる意味合いが明確でないので「なぜ冥王星戦域にとどまったか」がわかりづらい。あそこで守に「沖田艦長を地球へ返す」というセリフがあれば、伏線にもなってよかったのなー。 
・「ヤマトに電力を」も唐突。各国が暴動を覚悟して決断するなどワンクッションほしい。
・異星からの使者を土葬しちゃいかんだろ! カプセルごと埋めたと思うけど!
・全体的に駆け足。 もうちょっと間がほしい。
・OPでマゼラン銀河に向かうヤマトは逆光にしてほしかった。



 

|

« 上達のコツ | トップページ | 手に入れられるもの »