« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

こんな家電が欲しい

ラジオの全録サーバーを出して欲しい!
買う!絶対に買う!

 最近、車の中とかでラジオを聴くことが多いのですが、けっこう聞き逃しが多いんですね。TVだとまるっと録っているので、後で見ようが出来るのに、ラジオは、まるっと録れるサーバーが無いのです。

 ラジオ番組は生でリアルタイムで聴くのがメインのようですが、けっこう後から聞くのが多いのです。最近はタイトルを解析してくれるシャザムのおかげで、いちいち調べなくても良いので助かります。

 声優系のラジオとかも、突発新番組までフォローできなだろうから、そっち方面の人にも需要が高いと思うのです。

 2TぐらいのHDDなら1年ぐらいまるっと録れると思うのですよ。
是非ともそっち方面のメーカーの方にお願いしたい。

|

こんな家電が欲しい

はっ! ここが、オタク商品研究所だと言うことをすっかり忘れてイタ!
なんか、ライフハックだかなんだかのブログと思われてるような気がする。

 この前シーテックに行ったときにレグザサーバーの説明員にも言ったんですが、
ドラマとか、アニメ専門で全録するハードが欲しいのですよ。 
出来ればワンセグモードも追加してアホみたいに録れるやつ。

 昔はXビデオステーション、今ARECX6使ってますが、特定ジャンル以外は見ないんですよ。
だったら、アニメ専用機で一台、ドラマ専用機で一台みたいなのがあるとすごく便利なわけですよ。

 今はARECX6で録画したのをipadに転送して見てるやり方で、これだと場所選ばないから便利。でも難点は「記録」できないので3ヶ月ぐらい前のが全部消えていくこと。 見てない番組の分停めてればいいのに!と思うのです。

 基本、アニメ、映画、ドラマ、ドキュメンタリー、旬のバラエティとか後で見ようと思う物以外は、まず絶対に見ないと言えます。

 アニメジャンルだけ全録指定して、除外項目でこの時間帯は含めないとやっていけば、かなりまとめてみることが出来るので、少なくとも「録ってないから」と「ネットで配信されていないから」見れなくなるということは無くなると思うのですよ。

 見て貰って、 それで気に入って貰って商品化って貰ってマネタイズの世界ですから、もーちょっと録画機も頑張って欲しいのです。

|

才能の所在地

ある大学教授の話。

「学生に将来の目標は? って聴くとだいたい漠然な答えしか返ってきませんね。 これを夢が無いとかいうヒトもいると思うんですが、ぼくは才能のマッピングをしていないから。だと思うんです」

「才能のマッピングというのは、空き地を歩いてみることと僕は言っているんですが、他人がやったことの無いことを、いろいろ試すべきだと思うんです。
 具体的に言うと、マンガが描くのが好きな学生がいて、将来漫画家になりたいと言っていたけど、どう勉強して良いか分からない。と言う。
 僕は専門家じゃ無いので具体的なノウハウは知らない。彼女に「誰も描いたことの無いマンガを描いてごらん」という話をした。
 それから、しばらくして彼女の描いたマンガを見せて貰ったんだけど、これが面白いので賞に応募してみたらという話をした。
 初めての投稿で新人奨励賞貰ったそうで、今はプロの手伝いで勉強中だそうです」

「本当に言葉どうりに、知らない街を歩く子がいて、その子は今バス会社に勤めて、路線バス運転しているそうです。 どこの曲がり角から人が来たら、このバスに乗りたい人か、分かるようになったと言います」

「時間があるというのは素敵なことなんです。 今、ニートだとか、引きこもりだとか悪い風にしか言わないけど、自分の才能をマッピングするチャンスだと思うんですよね」

|

センスの磨き方

某作家氏に若手が「どうやったらセンスが身につきますか?」と質問したときの答え。

「センスとは、記憶力だと僕は思います。 少なくとも自分はパチンと新しいことを閃いたり、面白い組み合わせを思いつくことは無いです。 凡人ですから」

「どうすればいいのかは僕が聴きたいです。 ただひとつだけ自分の実践してることを話すなら、良く覚えろ。って事だけですね」

「人間の記憶ってすごいんですよ。どんなに昔のことでも瞬時に思い出せる。面白いと思ったら、他人に話したり加工したりで記憶に留めておくように努力する。そうしたら良い組み合わせや応用がすぐ引っ張り出せるんです」

「ほらPCのデータって保存してるだけじゃ使えないでしょ。
漫然と見てるだけじゃ引き出せないのでダメなんですよ」

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »