« 才能の作り方 | トップページ | やり直し »

頑張れの中身

 「頑張れ」という言葉は、「精神だけ送る」ということなので、頑張る方にとっては実は意味がないと言ってもいいでしょう。

 中身がないとしても「あなたのファンです」という人からの「頑張って下さい」は「次も見ますから」という約束に等しいので価値が出て来ます。

 これが好きな人からの「頑張れ」は一緒に人生歩む(可能性がある)パートナーからの頑張れなので、重みが出てくることでしょう。

 「頑張れ」という言葉を贈るのは用意ですが、それ故に「駄頑張れ」が安く、多く乱発されているような気がします。

「頑張れ」の前後に「自分は○○だから」とか付け加えると応援意図が明確になって「駄がんばれ」にはならないのでないかと思うのでした。

|

« 才能の作り方 | トップページ | やり直し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事