« 新人が育たない | トップページ | 断線 »

謝罪の仕方

 日本人は「謝罪軸」民族であると思います。

 これは日本独特の感性で、他所の国でうかつに謝ろうものなら、悪い方に全責任がおわされて際限なく謝罪と弁償することにもなりかねません。

 最近思うのは謝罪が軽いな。 ということ

「謝罪しない」のが原則論であるなら、「謝罪した」というのは方向の転換でもあります。「偉い人の謝罪した」は最終段階ともいえます。

 でも「謝っただけ」が多いような気がするんですよね。

 何かやらかして、非があるならそれは謝るべきものだと思います。 だがそこから一歩踏み込んで「原因はなにか?」「影響は誰が被ったのか?」「その解決にはどれだけ時間がかかるのか」「どう、再発がふせげるのか」まで考えてちゃんと謝ったことになると思うのです。

 トラブルは信用を築くきっかけでもあるので、それからの対応を責任持って、誤らないことが大切だと思うのです。

|

« 新人が育たない | トップページ | 断線 »

オタク考察」カテゴリの記事