« 盗作問題は採用側の責任 | トップページ | ネット上にあるもの »

古典とオタク

オタク業界の未来話で、一つ出た提案が「教育産業」にするというアイデア。

 つまりマンガやら、プラモ作りやら、アニメの視聴までスクールを作ってしまおうというアイデア。
 「講師」という就職口を確保しつつ、「より濃いオタク化」というのを文化事業として、やってしまおうというわけである。

 今あるその手の専門学校を出たところで、想像産業は仕事が無いか、安いのが現実。 だが全国的な規模で「想像の実体験」を行うことで、関心による市場喚起がはかれ、仕事を増えるということです。

 実際これをやると父兄の反対は目に見えているのですが、古典文学と近代娯楽においては、その本質には大差が無いとも言われています。

 つまり、古典はその時代において大衆的な物であり、今、テレビでアニメ見てるのと同じ。ならば「現代事象(オタク)を生で研究」することが、リアルタイムの拡大に繋がるのでは無いかという事なのですね。 これらは消費、経済行動として見逃されてきた分野ではないのかと。

 「近現代文化史」の研究に本腰を入れることが、全体の創世にも繋がるのでは無いかと思うのです。

|

« 盗作問題は採用側の責任 | トップページ | ネット上にあるもの »

オタク考察」カテゴリの記事