« コクリコ坂から(ちょいネタバレ) | トップページ | 古典とオタク »

盗作問題は採用側の責任

 某Pの話。

 新人賞取ったのが盗作だったという一件があったじゃ無いですか、あれは100%主催側の責任です。 
 盗作する新人なんてゴロゴロいるんだし、1番良くないのはオリジナルで一生懸命描いているのに、何かに似ているから と言う理由で落とされること。 萌えキャラでツンデレやメイド出したら盗作と言われたら、業界壊滅ですよ。 特に新人なんてロクに見てないんだから、すげぇの書くなと思ったら、たまたま見たヒッチコックのパクリだったなんてしょっちゅうなんですよ。

 たとえばワインに毒を入れるトリック。コルクから注射器使うのは3回見て、痕跡残さない浸透圧も2回見た。 どっちもアプローチが違うからたぶんワイン見て、同時多発的に思いついただろうってことはすぐ分かる。 トリックは重要だけど似てるからという理由で落とされるのはおかしいでしょう。

 どうするか? 超簡単ですよ。

 賞を取るレベルになったら、本人に打診して盗作で無いか、書面で確約させれば良いんです。 賞金を出す以上ちゃんとビジネスとして扱うべきなんです。 もし盗作なら賠償金にびびって絶対辞退しますよ。 もし通ってばれたら、被害者ヅラしてそいつ訴えりゃすむんですから。

 どういう着想で、どういう風なコンセプトかちゃんと言える人間は絶対に伸びます。 「これは盗作でした」って他人の評価聴かない限りズル得の世界っておかしいでしょ。 
出版側のほうが幼稚すぎるんです

|

« コクリコ坂から(ちょいネタバレ) | トップページ | 古典とオタク »