« 時間が経てば解決する? | トップページ | ワンフェス+3000円 »

原作者権限

 アニメの原著作者が、コミカライズ作家に圧力かけたとかで、ちょいと話題になっております。

 自分も原作側に入ったことがあったのですが、その時は「他人がビジネスとしてやる以上は、その創作には踏み込まない」というのが基本方針として確認されました。

 ただし、「原作作品のイメージを損ねる限りではその限りでは無い」というのも付帯してます。
 コミカライズ作家が公的な場所で「こんな原作つまらないから」と言ってしまったのなら、それは原作のビジネスを著しく傷つけたので、契約破棄があっても良いと思います。

 これが、公式発言でも何でも無いところで言ったことを真に受けて、契約破棄だなんだと言い出したら、それはバカとしか言いようがありません。 そんな原作者は訴えても良いと思います。 個人の発言が確定されたとしても、閉鎖的な場所であるなら見て見ぬふりをするのが大人の態度という物です。 次の契約は結ばないってだけですから。

 何を持って公式とするのかは難しいところ。不特定多数の見るところで、実名表記なら、愚痴を書いたほうの責任が重大となることでしょう。

 商品は純粋な創作では無く、あくまでビジネスです。
ビジネスのルールが守れない人間はやるべきでは無いし、それを止められない周囲の問題でもあるでしょう。

|

« 時間が経てば解決する? | トップページ | ワンフェス+3000円 »

オタク考察」カテゴリの記事