« 放射能がうんたらかんたら | トップページ | 出崎監督のこと »

嫌いな物は無くなれば良い

 最近パチンコに対する風当たりを見てると、なんだか複雑な気分になります。

 自分は(パチンコを)やらないから、無くなっても困らない。
>これは、そのまんまエロを無くせと言ってる人と同じ考え方。

 パチンコは、三店方式という脱法で有り資金は海外へと流れるからいらない。
>ある程度は本当のことでも、一部分だけしか見ずに全体を評価しているのでは?

 そもそも公正さが見込めないので、ギャンブルでも無い。タダの集金装置に貴重な電力を使う必要は無い。
>エロいものも芸術とはかけ離れた扇情性の追求だからなぁ。と思ってみたり。

 なんちゅうか、自分とは関係無い物、嫌いな物は消えて良いと思ってるところが、怖いところで、これがまかり通ると、「次の嫌いな物」がやり玉にあげられるので、どんな物でも存続させる意味はある。という意識の欠如は、恐ろしいことになるのでは無いでしょうか。

|

« 放射能がうんたらかんたら | トップページ | 出崎監督のこと »

オタク考察」カテゴリの記事