« テオヤン せんてん | トップページ | 金城哲夫資料館 »

グランドキャッスル

「グランドキャッスル ネタ」という言葉をちょいちょい使います。

 このグランドキャッスルというのは、街道沿いのラブホテル(一昔前の)でよくあったお城風外見で、中がくたびれているという事象から生まれた言葉です。

 転じて、ストーリー終盤で「悪の城に突入して、仲間がここは任せろと言って死んでいく(大体生き返る)」ワンパターンなプロットを語るときにも使います。

 ハートキャッチプリキュアが、なんとまあ飽きもせずこのグランドキャッスルそのままで、そのうえ「最終回は敵役に説教」「意味なしハイパー化」「愛が云々のおためごかしな台詞」と連続コンボで、かなりグンニョリしてきました。

 グランドキャッスルはストーリーが組み立てられない人間が、過去の作品をなぞってやるものなのです。
 このなぞりを、定番と勘違いしてくりかえすのは、ただの手抜きだと思うのですね。

|

« テオヤン せんてん | トップページ | 金城哲夫資料館 »

オタク考察」カテゴリの記事