« 賞金2000万円 | トップページ | 車を売り払う »

どんな才能なんだか

 某スクールに講義に来た作家さん。 私も講義を聴いたことがあるのですが、ぶっちゃけ作家の話としては一番意味のないものでした。まあでも作家はそれぞれなんだし、と思っておりました。

 その作家さん、まだ講義に来るらしくて、最近の話を聞いたら絶句。
・自分には才能がある。才能のない人間が書いても無駄だ。
・才能を理解されないので、今は○○をしている。
 等々、新人を叩きつぶしに来た(多分本人もそのつもり)内容。あと有名人知ってる自慢と、本当は○○だったのに話。

 しかも、それに感化される入ったばかりのスクール生が出る始末。

 最近、プロデュース業もやってるので、実体験として思うのですが、素質は才能ではないのですね。
 才能なんてのは、評価されたものを後から言うときについてくる言葉なので、最初から才能のあるなしを言うのはナンセンスだと思ってます。
 最初の一行から才能を感じさせ、完結するまで魅力あふれるものが書けなくちゃ、筆を取ってはいけないなんてことも全くありません。

|

« 賞金2000万円 | トップページ | 車を売り払う »

オタク考察」カテゴリの記事