« 無題 | トップページ | 善と悪と、もう一つ。 »

女装は好かん

 最近知人が相談を受けたそうです。
曰く、息子が「男の娘」本を持っていた。このままではホモになってしまう、今のうちに精神科に見せたほうが良いか。 とのこと。

  私の見解としては、ネタとして楽しむのなら、いいんじゃないかと思うのです。 ただ、それが現実的な方向に走ると、非情にまずいことになるのです

 最近も、女装でイベントに行って何が悪いのかと強弁するひとがいて、呆れてしまいました。
趣味というのは、人間の内側にあるもので、特に性癖に関しては外に出さないの社会のマナーであると思うのです。

 昔から、何度もしつこく言ってるのですが、女装好きのコミュニティ内でキャッキャウフフするのは全然オッケーだと思うのです。
 しかし、女装に興味のない人間、不快感を持つ人間のいるところで、自己表現だ、性の自由だというのは、身勝手に過ぎないと思います。

 よく、中二病という言葉が使われますが、この根幹は自分の好き嫌いを善悪とはき違えることにあると思います。
 自分が女装が好きなのは善であり、世間はそれを受け入れるべきと思ってるのなら、勘違いも甚だしいとしか言いようがありません。

 さて、最初の話に戻りましょう。
男の娘本を持った息子さんですが、私はかなりの危険性をはらんでいると思います。いい年した大人がネタとして割り切ってやるならともかく、性意識の曖昧かつ未経験な思春期に変な性的な方向性を与える可能性があります。
 母親さんの言うように、将来ホモになる というのは考えすぎでも、初期の兆候とも言えます。否定せずにほっとけば、自分の好きなものは良いものであると思い込む傾向が出るかもしれません。

 

大人になってから、自分の性癖を選択するならともかく、子供にはめったやたらに性倒錯を見せるべきではないと思うのです。それは大人の責任だと思います。

 結論としては、取り上げる必要は無いが要経過観察と言ったとこでしょうか。

|

« 無題 | トップページ | 善と悪と、もう一つ。 »

オタク考察」カテゴリの記事