« 書店の生き残り2 | トップページ | 評論は素人のもの »

REDLINE

 先日見に行ってきました。
内容のない映画という事前情報は得ていたので、はなっから中身のない映画を見に行くつもりで鑑賞。これが功を奏したのか、最初から最後まで楽しめました。

 映画にはそれなりのドラマ性を求めるタイプなのですが、娯楽に徹する姿勢だと文句の出ようがありません。 向こうは観客を楽しませたい。こっちは刺激だけの映画を視るつもりであると言うことで、思惑は一致しております。 

 内容は、グランプリの鷹とかマシーンハヤブサとかのスーパーカー世代なら、文句なしに楽しめると思いますので、けっこうおっさん向き映画。
 映画館での鑑賞お奨め。
声優は浅野忠信がミスマッチ以外は、まあ許容範囲内。「いかにもツッコミしましたアドリブ」っぽいのが脚本にあったのかどうか気になるところ。

 エンディング見てたら、これも政府の助成金が入っているのですね。 政治はアニメや漫画に何もしていないというのは誤解で、関係各所の努力で助成金が多少なりとも取れるようにはなってきてます。

 どうせなら、ビール飲みながら見たかったなー。

|

« 書店の生き残り2 | トップページ | 評論は素人のもの »

映画・テレビ」カテゴリの記事