« ラノベの明日 | トップページ | 道具は使いよう »

ラノベの明日

 電子書籍配信ラノベのメリットは、ローコスト、無制限、配信ギリギリまで手が入れられることなど。 ラノベ配信専門の編集者は何をやるかというと 企画、校正、尻叩き。 評価の高いものは大手出版社に売り込んだり、映像に関する権利を有することで、版権収入を得たり。

 とか、なんとかいろいろ聞かされたのですが、ここだけ聴くと創作同人誌と対してかわらんなーという感じがします。

 

世界に向けて発信して、世界に無視されるのはいつものこと
今でさえ評価のハードルを越えてプロの本が出版されているのに、それがさらに、安くて安易な方に流れると、すべてが売れなくなるというデメリットも有るんじゃないかと思います。

 ラノベ電子出版は、特定の編集者がブランドになる時代になるのではないかと思う次第。目利きによるリリースが大きなポイントになると思うので、めったやたらに新人送り出すより、何が良いのか悪いのか、はっきり指針を持った編集者を養成することが、手始めのような気がします。

|

« ラノベの明日 | トップページ | 道具は使いよう »

オタク考察」カテゴリの記事