« たたき台 | トップページ | コミケ三箇条 »

曲調

 音楽関係の人と、アニソン聴きながら無駄話。私は音楽は詳しい方ではないので、曲のとらえ方が全然違っているのが面白かったです。

「宇宙戦艦ヤマトってメロディが秀逸で、どこを切ってもヤマト的なんですよね。こんな高度な曲が子供番組に惜しみなく使われたっていうのはすごい」

「ゲッターロボは、”ガンガンガンガン”が入ることで、既成の歌とは全然違う方向に行ってますよね。擬音系の歌詞にはもっとのび代があるのかも」

「(とある曲)あ、これは多分、音大出身の人が腕自慢のために編曲してますね。腕自慢編曲は、弦楽器の使い方聴くと何となく分かります」

「転調に聞き耳立てながら聴くと面白いですよ、詩先で、歌詞に無理矢理合わせて作ってる感がありますから。マクロスの主題歌とかそうじゃないかなぁ」

「やる気の無い曲はすぐに分かりますね。やっつけで作ってる。歌手の人(主に声優)も可哀想ですよ、せっかくの歌なのに自分の音域じゃないもの歌わされたらねー」

「「もってけ、セーラー服」は歌詞は「セーラー服を脱がさないで」のインスパですよね。歌詞だけ聴いてるとビッチ曲(笑)なのに、なんでアニメファンは聴いていたんだろう」

「けいおん!!は、歌手がこの歌い方を多分やりたがらない。ともかくメインボーカルの人の度胸を褒めるべき」

「女の子が、わいわい歌ってるのって、実はテク無い時のごまかしなんですよ。AKBなんかそうですね。ルックスで売りたいならともかくユニット組んで、ガチャガチャにするのが一番です」

|

« たたき台 | トップページ | コミケ三箇条 »

オタク考察」カテゴリの記事