« 腐ってゆくコミケ | トップページ | アニメソング史(ヒストリー) »

同人誌の適正価格

 あくまで自分基準なので、他の人と価値観は合わないと思います。

0円
 近況ペーパーならありがたく頂戴するけど、初対面のとこでタダでもいいから持って行ってはノーサンキュー。

~99円
 小銭出すのが面倒くさいので、止めて欲しい価格帯。

100円
 薄いコピー誌、オフ本でザックリした内容なら適正と思える価格。

~400円
 内容次第だが、外れてもあまり痛くないので、どんどん買える価格帯。

500円前後
 主にいつも買ってるとこの新刊既刊がこの価格だと嬉しい。おつきあい可能な価格帯。

700円前後 
 新刊許容範囲。個人的には40ページ以上、手抜きせずにみっちり書いていたらOK。

800円前後
 内容に厳しくなる。雑記や手抜き本ならノーサンキュー。意味のある本じゃないと手を出さない。

1000円前後
 フルカラーなら許容範囲。ただし流用イラストばかりは敬遠。モノクロだと内容とページ数に関する気合いの入れ方にシビアになる。1サークルに一冊、1000円新刊が二冊以上だと、買う気が失せる。

1500円
 初めて出会う才能で、内容が良かったら出せる範囲。

2000円以上
 ごひいきの気合いの入った新刊なら買うレベル。大手でもページ数だけで中身が薄いモノは絶対手を出さない。

 個人的には500円以下であれば、知らないところでも、ワンアイデア、何か引っかかるところがあればどんどん買えます。
 500円を超えると、今まで買ってきた物と比べるので急に渋くなります。

 おつりが面倒くさいから1000円とか言ってるとこがありますが、それは天狗価格だと思います。物理的に行列の消化時間を考えても、買う前に立ち止まって本を見始めたら一緒なんですよね。1000円の本を100円玉十枚で払う人もいるだろうし、あまり意味がないと思ってます。

 内容が見合ってると、作者が自信を持っている場合はこの限りではありません。買う側が納得してるなら同様。

|

« 腐ってゆくコミケ | トップページ | アニメソング史(ヒストリー) »

オタク考察」カテゴリの記事