« ボブボブ詐欺 | トップページ | 私の優しくない先輩 »

大量生産

 最近とあるアニメをまとめて見ました。出来は良いし、アニメ屋さんもがんばっている。演出は丁寧に心情を積み重ねているし、声の演技もじつに上手い。

 ただ、「面白いか?」と聞かれるのと、首をかしげてしまう。 登場人物の描き方から、発生するイベント、事件などがどこかで見たようなものばかりなのである。
 作者が無能だとは思わない。心情の描き方などは上手いと思う。それ故にテンプレート的なキャラクター造形や、内容であることが、歯がゆくなってしまう。

 言ってしまえば、今あるオリジナルは「量産型」なのではないかと思うのです。先行する作品が何かヒットしたら、それのいいとこ取りで結果を得ようとする。
 マーケットの論理としてはごく当たり前なのだが、見る側の視点が抜け落ちている。
せっせと付き合って、結局なにかのもどき作品だったとき、その作者をもう一度見ようと思うだろうか?

 あまりにも実験作品ばかりやって疲弊するのも困るので、ノウハウを活かした内容で回収するのは、頭の良いやり方だかと思う。ともかく過去に面白いもののネタ元は大量にあるのである。 ある意味日本の、文化的資源と呼んで良いかもしれない。

 しかし、それを意識せずにオリジナルだと思っていたらどうなるだろうか?

 意識してオリジナルが作れるのだろうか?

 そういう不安を感じてしまうのでした。

|

« ボブボブ詐欺 | トップページ | 私の優しくない先輩 »

オタク考察」カテゴリの記事