« アイドル商売 | トップページ | ゲーム音楽 »

電子出版

 電子出版がいろいろ本格的になってきています。
個人的には「読みたい本がない、そもそも新刊に魅力がない」というのが、おろそかになって、権利の枠組みだけ必死になって決めようとしている気がします。

 肝心なのは、どう面白いモノを適当な価格で提供していくかではないかと思うのです。「最初から問答無用で、取り立てる」のが前提では、結局誰も買わない物にしかならないのではないでしょうか。

 

やり方としては、原則無料配信、アクセス数に応じて広告収入で作者にリターンがあるという、「見ただけ広告料」というやり方も出来ると思います。
 webマガジンなり、小説、マンガでも、作者が自分でスポンサー枠を選んで広告セットして、公開すると言うことは出来ないモノでしょうか?

 理想はWEBで広まり、紙媒体の単行本が次々バカ売れして、出版業界の活性化になるのが、一番良いと思うのですが。

|

« アイドル商売 | トップページ | ゲーム音楽 »

オタク考察」カテゴリの記事