« コミケ帰りの男 | トップページ | 同人誌の適正価格 »

腐ってゆくコミケ

 最近のコミケに関してなのですが、正直本を買わなくなりました。

 理由:本が高いから。

 たいした内容じゃないのに、800円以上の値段を付けられたら、私は買いません。どんなに好きな作家であっても。

 本が高くなる理由も百も承知です。 一部の購入者に対して、すべてのコスト責任を負って作成しているので、一冊数百円するのは当たり前です。不当に高いとは思っていません。

 でも、あえて問いたい。

 その値段の内容を作者は書いてるの?

 どうも、私のよく行く年長者のサークルは、ヘタすると生計も支えていたりするのでともかく本が高い。それでいて、ルーチンワークで内容はどんどん劣化しています。

 自分も、そういう売り方をしたことがあるので、「新刊で諸費用を出して、在庫、委託で収益を上げる」というのは、方法論としてアリだと思うのですが、それは他人の善意に由来しているのを忘れてはいないでしょうか。

 根源的な、好きだから本を作る。好きな本だけ買いに行く。を忘れてしまったら、駄目だと思うのです。

 これが安かったら買うのに! という本は沢山ありました。

|

« コミケ帰りの男 | トップページ | 同人誌の適正価格 »

オタク考察」カテゴリの記事