« ブルーレイ | トップページ | ファッション業界 »

ネット労組

 最近ネット系のコンテンツが安く買いたたかれているという話をよく聴きます。

 たとえばPIXIVとかででランキング上位に入ると転載依頼が殺到するけど「恐縮ですがノーギャラで」とか頻発してます。

 安くても告知効果が見合っていれば問題はないのですが、まったくプラス効果がなかったり、「次もこれくらいで」とか言われると、それは搾取されているだけに過ぎません。

 こんなことばかりやっていたら、web発表の作家が団結してネット作家協会みたいなものが作られて最低限のギャラとか、権利関係の保持みたいなことをやり始めることになるかと思います。
 そうなると今度は協会外の人間だけさらに安く買いたたいて使うなんてことも発生するでしょう。

 

ネットにあるモノはタダ。幻想が、業界を困窮させている要因なのは間違いないところで、人間の労力に対して正当な対価を支払う意識の欠如は、目先の小銭の節約になっても大きな損失しか招かないのではないかと思うのです。

|

« ブルーレイ | トップページ | ファッション業界 »

オタク考察」カテゴリの記事