« 心を強くする言葉 | トップページ | 氷山の一角 »

洋食の美松

10日のアド街ック天国がご近所の石川町です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

 石川町には「洋食の美松」というレストランがあります。
歴史は古く、一代目はホテルニューグランドの総料理長だったとのこと。
現在は2代目の平野氏が厨房に立っております。

 私は美松のファンなので、美松部部長として数多くの友人知人を拉致って案内してきました。
 個人的には「日本一おいしいレストランですよ!」と紹介したいところなのですが、絶対的なおいしさというのは、保証できないというのが本当のところ。
 確かに旬の素材で、良い部位を使って、贅沢なソースをかければ、絶対的においしい料理は作れると思うのですが、美松の場合はかたくなな一味なので、これの好みばかりはなんとも言えません。
 連れて行った知人が、かなり高確率でリピーターになるところから、ご想像下さいとい。 美松の味 としか言いようがないものなのです。

 さて、このお店、是非とも足を運んで欲しいのですが、絶対的な注意点があります。注文から出てくるまで時間がかかる場合がある ということです。最悪は2時間待ちもありうるのでお腹空かせて行くと、待ってる間に怒り出すかもしれません。
 厨房に立つのがオーナーの平野氏本人なので、すべての料理を自分で作っているのです。(過去に修行した料理人もいたけど、技術を覚えたらさっさと出ていっちゃったんだとか)注文が立て込むと、すごく遅れることは充分覚悟して下さい。

 有名店ではありますが、取り上げられるのはオムライスかハヤシライス。これを取り上げるのは、リサーチ不足のとこなので「有名だから」といって注文する必要はありません。特に遠くから来た場合は期待度が大きい分、ガッカリ度合いも激しいかもしれません。

 個人的にはフライチキン(軽いころも)、フライライス、ミートボールスパゲッティなどがお奨めメニュー。全体的には肉料理の火加減が名人芸で、外はカリカリ中ジューシー。付け合わせのポテトとスパゲッティもこれまた美味いので、これは最後のお楽しみに。

 一流の料理人が毎日仕込んでいるグレイビーソースが、この店の命なので、ソースがよく合う肉料理魚料理が、基本的に外さないメニューだと思います。

 洋食通なら一度は行く価値のあるお店と断言しておきます。
http://www.hotpepper.jp/strJ000248063/

|

« 心を強くする言葉 | トップページ | 氷山の一角 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事