« 嘘 | トップページ | つまらないにはワケがある。 »

電子書籍時代の生き残り方

もうすでに、同人誌の電子書籍対応の動きも出始めています。

アップルストアとかを経由するので、パロディやエロなどの同人誌が電子配信されることはなくなるでしょう。
 電子書籍が本格流行すると、コミケに人がいなくなるかもしれませんが、逆にエロいのを買うなら、現地に行くしかないという直産直消態勢になってもっと人が増えるかもしれません。 ぶっちゃけアップルストア(もしくはamazon)を通せないことは、紙媒体で出来ることという、明らかな差別化になるのではないかと思います。

 国産がiPadに対抗するには、日本独自の検閲システムと配信課金システムが必要だと思っています。
 東京都規制の施政側の言い分を取るなら、年齢認証された端末なので、ぶっちゃけ電子書籍でエロマンガが読めますよ。というのは超強力なコンテンツになり得るわけです。

 そういう端末なら、iPad窓から投げ捨てて即座に乗り換えますよ。こういう事は即座に国家プロジェクトとして始めるべきだと思うのですが。

グローバルな端末>iPad
日本文化だけを消費するためのガラパゴス端末>?
電子書籍流通できないもの>紙メディア

 それぞれの強みをもう一度考え直す必要があるのではと思います。

|

« 嘘 | トップページ | つまらないにはワケがある。 »

オタク考察」カテゴリの記事