« ぜいたく病 | トップページ | 27年ぶりのバイファム »

3Dの時代

 家電量販店で、市販3Dテレビの実物を見てきました。
ハイビションの精細な3Dというのはなかなか見応えがありますが、やはりメガネがうっとうしい。デモ映像では「手前に水がかかる」とかは効果がありましたが、それ以外はむしろ「自然に見えない」ほうが気になるところです。

 今のところ、ソフトは映画頼みなので、一般的に普及はしないと思われます。結果3Dテレビの暴落が起こったら映画用に1台買ってみようかとも思ってますが。

 映画を視るための投資なら20万円ぐらいかなと思ってます。 昔あったプロジェクターグラスみたいに、メガネで直接3Dを投影したタタイプとかもアリじゃないかと思ってみたり。

|

« ぜいたく病 | トップページ | 27年ぶりのバイファム »

新製品」カテゴリの記事