« 3Dテレビはバーチャルボーイ再び。 | トップページ | 虚構と現実 »

ソフトの無いハード

 正直3Dテレビって、何で発売するのかさっぱり分かりません。
アナログ停波した後は2D/3Dの同時放送が始まるとか言うならわかりますが、いまのところせいぜい「AVATAR」見るぐらいしか思いつきません。AVATARは個人的には映画館で二度見たのでもう充分。

 見応えのある映画が片っ端から3Dになるかというと、そうでも無し。
「3Dコンテンツをいかに供給していくか」が練られないウチから「映画見たさに3Dテレビが売れる」みたいな幻想論で市場が動いているような気もします。
 そのうち「そういえばウチのテレビは3D対応だった」なんて、突然思い出されることになりそうです。

 3Dで思い出すのが、昔ナムコから出ていた「3DサンダーセプターII」
ゴーグル通して迫力画像の立体でした。
http://zoome.jp/afterburners/diary/3

 ぶっちゃけ3Dに望まれているのは、これがすべてのような気がします。
手前にやってくるか、奥に進むか。
 空間の立体移動を、イメージとしてとらえられる演出家はいるのか? それを具体的に再現できるソフトはあるのか?
 マンパワーを無視したテクノロジーは、ただ空虚なものなのかもしれません。

|

« 3Dテレビはバーチャルボーイ再び。 | トップページ | 虚構と現実 »

オタク考察」カテゴリの記事