« 製作業はつらいよ | トップページ | ラブプラスiPhone »

オタクと甘え

 オタクなどという人種は、基本的に変わり者であり、世間とは違った視点に重きを置くものだと思ってます。外部からの偏見は、昔から…、そして今もあり、決めつけで人格すらも否定される事は珍しくありません。
 だからこそ、偏見には、ちゃんとした主張を持って反論するのが「こちら側」の役目だと思っています。

 最近、「自分らは認めて貰って当然」という態度を見ることがあります。おたくも、やおいもエロ漫画も、女装も、当然のように扱われる「べき」だという主張です。

 人間趣味指向は無限にある以上、それは個人の数だけ有り、極端に言えば「絶対に相いれない物である」と私は考えています。だからこそ「こっちの趣味に関してはほっといてくれ」というのが、基本的な人間関係にあると思います。

 しかし、「認められて当然」という態度の下に、町中でキャラ台詞を喋り、コスプレし、大声でアニソンを歌い始めたら、それはただの迷惑者でしかありません。

 個人を認める風潮というのは大切です。でも図に乗るとどうなるかが想像できない、甘えた人間を量産しているような気がするのです。

|

« 製作業はつらいよ | トップページ | ラブプラスiPhone »

オタク考察」カテゴリの記事