« ソフトの無いハード | トップページ | 引きこもりの社会復帰 »

虚構と現実

 アニメとかマンガとかゲームばっかり見ていると「虚構の世界に入り込むヒト」と思われることがあります。

 で、現実に転じて、麻薬だのいじめだの、身近な暴力が「リアル」なのか?という疑問を常々持っています。
 介護とか教育とかで問題を抱えている知り合いは沢山います。その人達をそのまま描けばリアルにはなるでしょうが、それは他人の人生の切り売りでしかありません。
 現実の不幸自慢を始める人は沢山います。その不幸話を聞かされる度に、幾ばくかの同情と共に

「それはあなたのキャラクター設定なのですか?」

 と聴きたくなります。
人間の価値を不幸とか、生まれつきに持ち合わせてる幸運とかで決定づける人は、付き合っていてしんどくなるものです。

 ここから何をするか が大事だと思うのですが。

|

« ソフトの無いハード | トップページ | 引きこもりの社会復帰 »

オタク考察」カテゴリの記事