« 3Dの時代 | トップページ | フライングコップ »

27年ぶりのバイファム

銀河漂流バイファムの主題歌とエンディングが収録されたCDが発売されました。

FAR EAST(紙ジャケット仕様)

 主題歌CD化自体は過去にもあったのですが、廃盤になってしまったのでバイファム主題歌は、入手難主題歌の一つでした。高音質で聴けるようになったのはめでたいかぎり。

 放送が1983年なので、実に27年ぶりに聴いたのですが、全然古くない!

 英語で行われる通信(ボーナストラックのシングルバージョン)も、多少語句はおかしくはあるものの、時代を感じさせなくて良い感じです。

 今でこそアニソンはタイアップ曲が中心になりましたが、バイファムはタイトルを連呼するオーソドックスな作りであるものの、楽曲的先進性があったことに、21世紀になって驚かされるのでした。

|

« 3Dの時代 | トップページ | フライングコップ »

オタク考察」カテゴリの記事