« 業界怖い話 | トップページ | 非実在青少年の大殺害 »

大傑作現る

 これも編集さんから聞いた話し。

 これまた自信満々で持ち込みに来た新人さん。
もったいぶってなかなか見せないので、しびれを切らして追い返そうと思ったら、
やっと見せてくれた。

 その中身は、戦場の約束をテーマにしたなかなかの傑作。年も若いのに、これはすごい才能と言うことになり高評価。読み切り掲載もサクサク決定。

 ところが、新しいネームを見せてくれと言っても、これまたもったいぶって見せてくれない。
なんとなく編集側も怪しみだして、「持ち込み作品をどういう取材で書いたのか」を問いただしても言おうとしない。 なんかやばいと思ったのか掲載は理由をつけて延期にすることに。
 最終的には「他の作品を判断して実力を見てから」ということで、掲載保留。

 結局、偶然分かったのですが、古いヨーロッパ映画の丸パクリなのが判明。それをファンタジーに置き換えただけ。
 それを指摘すると、音信不通になっちゃったとか。

「最初から、○○という映画を見て書きました、って言えば良かったのにね。こっちでバレないように書き直す指示も出来たのに」

 それもなんだと思いましたです。

|

« 業界怖い話 | トップページ | 非実在青少年の大殺害 »

オタク考察」カテゴリの記事