« 感想、批評を評価する | トップページ | 雪の定番ネタ »

ipad

 業界ではamazonキンドル日本語化の動向に関心が高い中に、さらにやってきたipad。
2010年はブックリーダー革命の年になるかもしれません。

 とは言うものの個人では「どうやっていいか?」が分からないのが現実です。
ipadがアップルデバイスの流れをくむなら、キンドルなんかよりも早くて、個人のソフトをアプリとして販売するという手段がすばやくとれます。
 ただし、iPhoneとiPodtouchの観覧はどうするのかとか、版下(原稿)はカラーで作成するのかとか、いろいろ試行錯誤が山積みなので、即座にどうこうなるわけじゃありません。

 キンドル、ipadの様子を見ながら、日本人向けのブックリーダーと供給が揃うまでに、どれくらいの期間がかかるのか分かりません。

 さらには、出版業界優遇でブックリーダーから個人が閉め出されたらどうにもならない。
様々なしがらみで全体が総崩れするのだけは避けたいところです。

|

« 感想、批評を評価する | トップページ | 雪の定番ネタ »

オタク考察」カテゴリの記事