« なりすまし | トップページ | 2009年 »

教養

 先日「お前らは教養が足りない」ととある年長の方に説教されました。
内心、「教養がないと決めつけることが、無教養の証 けっ!」と思ってましたが。

 それはさておき、教養とは何なのでしょうか?
哲学を学んでいる 教養っぽいですが、クソの役にも立ちません。
数学力が高い。  計算機代わりには便利ですが、教養とは違いそうです。
文学に精通している。 べつにこれからだって本は読めます。

 私が思う教養とは、「自分に必要な」知識を幅広く持つことだと思ってます
何が自分に役に立つのかは、個人次第です。
 どれを選択して身とするかは、自分自身で決めるしかありません。

 知識を自分の血肉に出来ない。
知ろうとしないことが真の意味で無教養ではないのでしょうか。

|

« なりすまし | トップページ | 2009年 »

オタク考察」カテゴリの記事