« ヤマト復活編 | トップページ | 昨日あったこと »

プロとして仕事をしていくこと

 プロになるというのはどういう事でしょうか?
先日会った、ベテラン作家の人がこういう話をしていました。

 自分はデビューした時は嬉しかったが、仕事が来てプロになったと思った時非常に暗い気持ちになった。

 この世界で、プロになるというのは、一回ごとに実績を出さなければならないと言うことだ。
一回駄目なものを書いて、次に良い仕事が来るはずがない。

駄目な仕事をしたら、駄目な発注しか来ないのだ。

 そんな自分が女房子供を養っていけるのだろうか? 今なら引き返せる。そう思って逃げ出したい気分で一杯だった。

 で、今の心境を聴くと。

結果駄目になったことはあっても、駄目なものを書いたことは一度も無い。

 とのことでした。

|

« ヤマト復活編 | トップページ | 昨日あったこと »

オタク考察」カテゴリの記事