« ヤマト復活前夜 | トップページ | ヤマトを見にいく »

映画の初日

 かって映画の初日というのは、イベントの日でした。
80年代は映画公開日に、先着順にセル画を配布するので、徹夜で映画館に並ぶのは当たり前。
 ビデオもない時代ですので、アニメが見られるだけでも大喜びの時代でした。

 私も徹夜に参加して、一晩中語り合った口ですが、今になって思うと青少年が深夜繁華街で夜を過ごすことが風紀上良いこともなく、実際に恐喝にあったりもしました。
 興行成績というのはビジネス上、重要な要素ですが、このために初日動員を煽っていたのは.問題があったかもしれません。

 今では、勝手のような徹夜動員に結びつくことは無くなったので、80年代前半に興行界で論議されたのではないかと、想像します。

 初日公開は納品日でもあるわけで、朝からプリントしたものを地方に届けたりとか、間に合わなかったりとか、送り出し側にも悲喜こもごもあったようです。

 一番ひどかったのは半分も出来上がっていないのを上映しちゃった、ガンドレスですが(苦笑)。

 今日はヤマトの初日なので、ささっと観に行き熱く語りたいところですが、仕事が押し込んでしまったので、観に行くのは月曜ぐらいになりそうです。
 初日にぼやくのも楽しみのウチなのですが……。

|

« ヤマト復活前夜 | トップページ | ヤマトを見にいく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事