« プリズンブレイク | トップページ | 週刊トロ・ステーション »

世界は狂っていく

 架空のものでも苦痛を与えるとされた場合、罪になってしまうんだとか。
http://news.ameba.jp/world/2009/11/49562.html

 詳しい内容を確認していないので、憶測や断片情報で答えを出すのは早急かと思います。

 それにしてもこの判決は、どうみても異常。空想と現実の区別がつかないオカシナ人か、あくまで一口実として、理由になったのかもしれません。

 犯罪の三大動機は、金と、怨恨、性的なものです。欲に関するものは犯罪に繋がりやすいのは言うまでもありません。
 性欲という強いエネルギーをどう発散させていくかは、社会として考えていくことの一つです、二次元創作のエロティシズムというのは、その回答の一端であると私は思ってます。

 さて、今回のダウンロード云々ですが、ふと思ったのは、その画像がオリジナル絵であるか否かです。これが二次創作なら、作者や権利元に対して損害を与えるものがいて、その幇助をしたと言えないこともない。

 

こと二次創作においては、作者、権利元の人格や権利を踏みにじってるわけで、そこは無視して、自らの権利のみ保護せよと言うのもおかしいわけです。

 二次創作は、作者が暗黙のうちに認めているだろう。という憶測の元に成り立っているわけで、「二次創作は作者をレイプしたのと同じである」ということになったら、どうなるでしょう?

 架空の創造物でも「作者がいる」という認識は、どれだけの人がしっかりと持っているのでしょうか?

|

« プリズンブレイク | トップページ | 週刊トロ・ステーション »

オタク考察」カテゴリの記事