« 見苦しいひと | トップページ | やらない言い訳 »

傾向と対策

「傾向と対策って必要なんでしょうか?」

と、ある新人賞に応募する人に聴かれました。これに関しては

傾向と対策を考えた物は、全体の5割以上の位置に立てる。
傾向と対策を考えない物が、全体の1割の位置に残れる。

 ってなとこでしょうか。
歌舞伎の話で、こう言うのを聴いたことがあります

「型破り、ってのはすべての型が出来てるからやれる、
 一世一代のバクチでね、
 何も出来てないヤツが、無茶やるのは、
 型無し(形無し)っつって、恥ずかしいことなんだ」

 傾向と対策を考える上の秘訣かもしれません。

|

« 見苦しいひと | トップページ | やらない言い訳 »

オタク考察」カテゴリの記事