« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

キングレコードが本気出した

http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2009/09/post-1b88.html

これは!ついに待望のコンピレーションがががが!

|

結婚できない人達

 先日、「結婚できる環境」という話になりました。

 だいたい次の三つが大事ではないかと。

・毎日か頻繁に会える環境にある。
 ごくたまにじゃ無理。
・親密な関係が維持で出来る。
 交際が禁止でないとか
・毎日であっても、仕事の関係で接していない
 仕事の距離感と、恋愛の距離感を誤解しがち。

 意気投合できるところから始まり、二人で出かけることができる。っていうのがどうやら早いっぽいですね。

 ……で、金もなくて、時間もない人間がどうやって、そんな機会ふやせるんじゃい! という愚痴にその後なりましたが。

|

ノイズキャンセリングフォン祭り

 ノイズキャンセリングフォンは、出始めの初期から買ってます。

・集中力を高める。
・できるだけ小さな音で聴いて、耳に負担をかけない

 というのが主な理由。

 最近はもっぱらBOSEのQuietComfort2を使っていたのですが、9月の決算期のせいかSONYのMDR-NC500Dの在庫処分がちらほら。 価格コムでも2万円弱、すごいところになると店頭限定で1万円なんてとこもあって、突如500D購入祭りになったのでした。(ちなみに最新は600Dで、最安値3万円くらい)

 BOSEのノイズキャンセルフォンはQC2が電池式、QC3が充電式でビミョーに使い勝手が悪かったのでしたが、500Dは電池と充電両方使えるので、応用が利くのが良い所。(ただし電池ボックスはでかい)

 元値は5万円もするくらいなので、すこぶる音質が良く、いつもの音楽も別物に聞こえてしまう、アメージングなリスニング体験が出来ます。

 コーラス部分もキリっと聞こえるので、iPod付属フォンとかで聴いてる人なら、ビックリするほどの変化が期待できます。

 1.2万円ぐらいの価格なら、かなりお買い得なので、これはお薦めかもしれません。

|

メディア不況

 テレビ、新聞がやばいという話をあちこちで聴いています。

 具体的にはギャラのダンピングが始まっていて、喰っていけない人達が増え、誰それはマンション引き払って実家に帰ったとかそういう話を多く聴いています。

 今は「経費節約=安い人間を使う」と言うことになってます。

 安くても良い仕事が出来れば良いのですが、安いギャラの人間と使う側が舐めきって散々書き直しやり直しをさせた挙げ句に、放り投げるケースが続出しているそうです。

 そういう使い捨て根性が全体のレベルを低くしているのですが、これがどうにも歯止めがきかないのが現状のようです。

|

終わったり始まったり

 色々番組が終わったりするピークを迎えているので、ディスク化するのにワタワタしてます。

 10月からの番組で、個人的に注目しているのがドラマスペシャルの「実写 サザエさん」

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2009/090811sazaesan.html

 アニメから連続放送するので、違和感のない作りを目指しているんだとか。ストーリー的にもアニメ版の脚本家、雪室俊一氏の作をベースにしているらしいので、これはけっこう良いものになるかもしれません。

|

丹波哲郎氏のこと

 今日、映画関係者から丹波氏の話を聴きました。

 丹波哲朗氏というと、豪快な正確で細かいことは気にしない人という印象があります。

 有名な話としては、絶対に台詞を憶えてこないことで有名で、あちこちで「家で台詞憶えてきて下さいよ」と言われても、

「家庭に仕事は持ち込まないんだ」

 で、突っぱねたんだとか。実に大ざっぱで、自信にあふれた役者らしい感じがします。

 これは死後分かったことですが、丹波氏は家に帰るとずっと車いすの奥さんの面倒をみていたんだとか。 それはずっとひた隠しにして、俳優、丹波哲郎のイメージを守り続けていたとのことです。

 俳優、丹波哲郎の魅力がほんの少し分かったような気がしました。

|

資質の有る無し

 某映画監督による、新人を見極めるポイント。

「そいつがね、面白かったという映画を説明させるんですよ。それが本当に面白そうに聞こえたら合格」

「面白かったというのは、実は言語化しづらい。それを言葉として記憶してると、後々役に立ってくる。友達が多い人間のほうが良い」

「最後は、そいつがつまらなかったと言ったものを「面白く説明してみろ」と言うんですよ。バカにしたり煽ったりじゃ駄目、本気で面白そうに思わせること。それが出来たら喰っていける」

|

民主党とメディアセンター

 どうやら、業界保護育成はそのまま残りそうで、お台場に施設を建てる/建てないの話になってる模様。ちょっと一安心。

 立派な建物が欲しいところですが、中身のないスカスカな委託運用されるぐらいなら、秋葉原か、中央線の荻窪近辺に、そこそこでかい休眠ビルを買い上げて、新設というほうが良いのかも。

 ライブラリー、劇場、講演施設、保管庫 の4点は抑えて欲しいところですが、保管庫は埼玉か千葉あたり郊外の定温倉庫をセキュリティと防災強化して使うとか。

 観光客の導線を考えるなら、神田明神のさらに向こうあたりに作って、その間をオタク参道にしてしまうとか良さげですが。

|

中野に行ってみる

 東日本パスが今日まで有効だったので、ぶらりと中野ブロードウェイへ。

 以前はLDを買いに毎週のように行って、ひたすらボックスを買いあさっていた時期などもありました。その後はフィギュア誌の記事絡みで、取材兼買い物によく行ってました。

 最近はというと、フィギュア欲しい熱というか、グッズ熱が無くなったので、もっぱら行くのは普通の書店で、中野ブロードウェイには、なかなか行く機会なかったのです。

 で、久々に行ってみると

ちょ、前よりカオスになってるw

 まんだらけマニア館が増スペースになっていたり、リバティーが乱入していたり、テクノ専門ショップが出来ていたり、あやしいショップにさらに怪しい物が入荷していたり。 ナイフ店が無くなっていたのはかなり残念。

 聴くところによるとマニア系中古の市場も、不況の影響で渋くなっているんだとか。
しかし、名だたるマニア系の品が揃ってると「ここからここまで全部くれ」をやりたくなってしまうのでした。

 物欲の巣 中野ブロードウェイは未だ健在なのでした。

|

iPhoneいっちょで旅に出る

 東北旅行から戻って来ました。 

 今回はiPhoneいっちょでどこまでやれるかのテストだったのですが、予想以上の使い勝手の良さでした。

 まずは駄目な点

・バッテリーの持ちが悪い。
 使用状況によりますが、実働は数時間といったとこでしょうか。今回はiPodを別に持って行ったので、さほど困りませんでしたが、音楽聴きながらだとかなり辛いことになるみたいです。 アウターバッテリーは必須。 エネループのモバイルブースターKBC-E1Sを持って行ったのですが単3エネループ2本だと2-30%ぐらいしかバッテリーが回復できなかったので、モバイルブースター使うなら、大容量もでる必須といったとこでしょうか。

・文字入力がしづらい
PDAとしては、圧倒的に使いやすいのですが、小さな画面見ながらってのはやはり辛いところ。ポメラがブルートゥースで外部キーボードになればいいのになぁ。

・カメラにズームがない

 良い所

・情報収集が圧倒的に違う
 地図いらない、ガイドブックいらない、即時情報が入ってくる。あまりにも便利すぎて壊れたらどうしようか不安になるほどでした。
 特に、GPS使った地図とナビゲーションは、精度の誤差はあるものの、道に迷うことがほぼ皆無。最初から標準アプリで搭載されているので、方向音痴な人には特にお勧め。

・アプリが充実
 今回はツイッターアプリ(Echofon)とウェザーニューズ、あと、yahoo!路線が18きっぷモード的な設定が出来るので、大助かりでした。あとグーグルアース。

・仕事にも使える
 メールとか、エクセルのチェックとか。

・暇つぶしには持ってこい
 帰りは陽も暮れて、車窓も楽しめなかったのでひたすら、アプリ捜しで暇つぶし。iTunesにつながくてもアプリダウンロードが出来るので、容量大きいもの以外はほいほいサクサクダウンロードして暇つぶし。 無料アプリも多いのが良いっすね。

・重くない
 
PC+ACアダプタに苦しめられてきたので圧倒的。

 個人的な結論としては
旅のお供にiPhone最高。 今すぐ契約しても持って行ったほうが良いっすよ!

 

|

短い発想

iPhoneで記事書きすると、なんだか懐かしい気が。

小さい画面でちまちま書いているのは初期の液晶
ワープロチックなんですね。

しかしどうにも短文思考になるので、長文が
書けなくなるような気が。

140字のツイッターは実にモバイル向きなんだと思いました。

|

iPhoneいっちょで旅にでる。

北海道&東日本パス使って旅行中です。

今までは旅先でのネット環境が、携帯のみか、
pcとACアダプターのフル装備だったので、
iPhoneいっちょになって大変便利。

移動中にも業務メール返しているので、
まるで旅情に欠けるのが難点ですが。
バッテリーの持ちが気になるので、kbcーe1
とかいろいろお試し中。

いまは稲作のピークなので田園風景が見ごろです。
B級グルメのB1グランプリとかお祭りシーズン
なので、余裕があればお出掛けがお勧めです。

|

Y150

 横浜みなとみらいでやっている開国博Y150に行ってきました。通常だと2400円なのですが、夜5時以降に行くと夜間割引き1200円で入場できます。

 楽しみにしていたのは、メカニカルパフォーマンスのラ・マシン。夕方~夜の部は異様な迫力があり、これを見るだけでも充分足を運ぶ価値が有ります。

http://www.youtube.com/watch?v=R8J-VoYloiQ

【BATON】
岩井俊二脚本プロデュース、北村龍平監督によるSFアニメーション。実写撮影をベースにした「作画しないアニメ」として大変興味深いので、SF好きなら観に行ったほうが良いでしょう。

 内容は、「ロボットカーニバル」っちゅうか、「MEMORYS」というか、描写に面白さはありますが、中身がまるで伝わってこない感じです。

 愛に目覚めたロボットが、反乱を起こして、最後は翼が生えて旅立つって、(ネタバレ反転)さすがに中二病チックな気が。ろくにアニメ見た事のない、おじいちゃんおばあちゃん相手のライトな内容ということで、割り切ったほうが良いでしょう。第2部と第3部が連続上映されています。

【ハイビジョンシアター】
超高画質で、いろんないい映像を見よう。という企画。一昔前の環境ビデオ風ではありますが、超高精細画像は現実の視点を越えているので(人の目だと一点しか焦点が合わない)映像の迫力を知るには良いものです。

 夜間入場で行くなら混み合わなさそうだしお薦めです。今月27日まで

|

裸族さんのこと

 魔改造モデラーの裸族さんが亡くなった。

 彼とは一面識もなく、本名も知らない。しかし友人のように思っていた。彼はどこにでも現れ、主張と陽気さを振りまいて、よい意味で大暴れしていた。

 彼の一番の取り柄は憎めないことだろう。mixiでは彼のレスを多く貰った。それはちょっと思想思考に関わる時が多かったような気がする。

 私が「馬鹿な生き様」の原稿で、書きように煮詰まり悩んでいることを日記に書いたら、「バカはここにいるぞ」と名乗りを上げたのが、彼だった。

 私はなるほどと、すべてを理解できた。自分自身を包み隠さなくなった時に、人はバカになれるのだ。 それ以来裸族さんは、ずっと一目置ける尊敬できる存在だった。

 彼が膵臓癌であることが分かったのは、緊急手術をして周囲が動揺した時だった。体調が悪いことは分かっていたが癌とは思いも寄らなかった。

 手術は無事終わった。回復を期待していたが、やはりそれは難しいことだった。

 さしもの彼も時々弱気になった。彼が目にする他人の書き込みはどう映ったであろう。それを思うと胸が苦しくなる。

 だがそれでも彼は、ずっと裸族さんであった。 本人にとっては虚栄の強さかもしれなかったが、僕らから見ればそれは本物の強さだった。

 私は、彼の姿を知らない。声も知らない。ただネットの上での存在でしかない。だが、彼の訃報を聞き、心が重く悲しい気持ちになる。

 今は闘病から解放されたことを祝ってあげたい。

 私もいずれそっちに行く。その時は「裸族さんから貰った勇気」を形にして、お土産に持って行きたい。用意するにはまだ時間がかかる。 でも、必ず持って行くから待ってて欲しい。

|

ドキュメンタリーにも脚本はある

「マンガノゲンバ」取材方法の件。

 とあるドキュメンタリー監督の人と話をしたことがあるのですが、「脚本無し」と「脚本有り」の二つのやり方があるそうです。

 「脚本無し」 本格的に取材するなら、ともかくV(ビデオ)を回して、素材をひたすら撮った段階で、取材者の印象を元に映像をカットし編集していきます。この場合でも「放送枠内」におさまるように、起承転結が構成されます。

・まず、状況を知らしめる。
・何が問題かを見つける。
・解決や行動を追う。
・その結果をまとめる。

 これも脚本と言えないことはありません。演出が加わるとよけいわざとらしくなります。

「脚本有り」テレビドキュメンタリーなどでは、延々取材している時間はありません。そうすると最初から起承転結を考えて、取材を行います。そうすると欲しい画だけ得ようと焦りが出ます。

 担当ディレクターが優秀な取材者であれば、問題点を正確に見つけて、最短の時間で映像化することが出来ますが、レベルの低いドキュメンタリー演出では、ひどいものが出来上がります。

 唐沢なをきさんの場合は、担当ディレクターが、業界トップクラスに才能のある、唐沢氏を舐めていたってことじゃないでしょうか。

 マンガを描いているところに、関係者が現れて影響を与えるというのは、安っぽいにも程がありますし、なにより「これが笑いではない」ところが怒らせた原因かと思います。

  ドキュメンタリーや記者の取材を受ける際は 相手がどういうストーリー(脚本)で構成するつもりなのか、を充分気をつけておいた方が良いでしょう。

|

iPhone使い始め

 iPhone使い始めて二日目。

 いやー、これはいいです。みんなiPhone契約するべきです。共通プラットフォームにしてiPhone配信コミックとか盛り上がると良いのです。持ってないと損です。持ってないと幸福になれませ……とか書いたら、怪しいのでやめましょう。

 何が良いのか?と言われたら、ともかく使い勝手がよろしいのです。指先で広げたり閉じたりするピンチイン/アウト(通称くぱぁ)が、地図ソフトや、ネットのブラウジングの時に実に便利で、必要なところだけ狙って拡大縮小できることの、使い勝手の良さは半端ではありません。もー、縦横スクロールバーでブラウズなんて、アホらしくてやってられませんです。

 使い勝手の悪さとしては、ついマウスの右クリック操作を探してしまうので、ちょっとコピー&ペーストしたい時とかがうざったい。 あと出来れば、外部(本体)に「戻る」ボタンとか欲しいとこですが。

 アプリはmixi、ツイッター、スカイプ、バッテリーチェック、乗り換え案内などの実用性の高いもので無料のものをとりあえず。

 あんまり色々詰めすぎで、無くした時のことが怖いのですが、スリープから戻った時のパス入れ(通常はオフ)で10回ミスったら、全部破壊の自爆仕様なので、外部ロックをかけ忘れた時もちょっと安心です。

 メールを削除する時はゴミ箱にヒューンっと吸い込まれたりとか、
アプリボタンをおすと削除モードになって、ボタンがガクガクブルブル震え出すという演出も好き。

 思った以上に使い勝手の良さ+高性能が完成されていたので驚きました。国産スマートフォンは「誰でも使える」にもっと特化しないと勝てないような気がします。

 

|

iPhone契約しました

T-01Aやめて、iPhone契約しましたよー という話を通信系の知人にしたところ
「(葉山)さんのような、紹介記事書ける人間が、何故選択したか。 というのは、通信事業者が喉から手が出るほど欲しい情報ですよ」とのこと。

 てなことで契約までの流れを書いてみます。

【基本スペック】
自由業 42歳 携帯キャリアはdocomo 基本家にいる。 
車有り 妻帯者無し 貸家

【購入動機】
出先での情報収集のため。
・仕事 映像関係の過去情報。 HPなどの公式スペック
・趣味 映画(主に映画の上映時間)、近接の立ち寄り温泉情報、地図
・4-5日の取材旅行に出かけることがある。

【最初はiPhone、その後でT-01A買いに行くつもりだった】
 iPhoneが欲しいと思ったのは、友人関係がすでに持っていたため。
 スマートフォンに期待するのはwebのブラウジングだが、現在位置情報から地図を出して、さらにグーグルストリートビューまでシームレスに繋がる実演を見て「具体的に使える」と判断。

 しかし、量販店(ヨドバシカメラ)がすでに閉店していたので、T-01Aも比較対象として購入検討。ここでの評価が高いため、キャリアを変えるのがめんどくさい、ブラウズと地図あれば充分、(実質購入)価格が安い。ということでT-01Aを購入を決めた。

 関内にある某docomoショップに行く。日曜の朝
実機があったのでそれを操作。その間説明をする販売員は来なかったいろいろいじってみたが使い方が分からない。 質問すればいいのだがここはあえてしなかった。

 T-01Aの実機印象としては「これはPDAだな」ということ。過去にシンクパッドだのザウルス(リナックス)だの散々PDA系は買って来たので、「必要な情報を持ち歩く=PDA」という認識。 ネットに繋がる時にアクセスバーがじわっと動いていくのだが、これがどうにも「携帯で遅い通信ですよ」という苛立ちになる。~つまり待たされている気分になる。 これがマイナス評価ポイント。 docomoのサイトを見たがリロードの際に、一部データが見れなかった(トップのFLASH部分)自社データも満足に見られ無いということで、ここで購入する気が失せた。

 今ある携帯電話との代替なので、電話として使うには大きすぎるのもちょっとある。

 他、いろいろ触ってみたが店内操作では勝手が分からず、カタログを見たが具体的なイメージが湧かないので退店。

【SoftBankに行ってみた】
 その後近所のSoftBankショップに立ち寄る。 アステルのPHSから携帯に変えて以来、docomo一筋なので、SoftBankショップ初入店。

 こっちも店内見てみたが、誰も声かけず。通信できるデモ機も無し。 たぶんすでにiPhone実機を見ていなかったら帰ってた。 食い付いたのは料金プランのポップ。店員に料金プランを問い合わせ。

 使用してない場合でも3800円ぐらい、使用した場合は6800円ぐらいが上限。+通話料。PHSを使ったPC用の通信使い放題で月5000円くらい出してた時もあるので、これぐらいは余裕。

 2年契約などの拘束についての話はこちらから切り出す。店員の態度は良好。

 今週末ぐらいの旅行にあったら便利だという話で「今なら32G白の在庫が一個あるので即日持ち帰れる」と言われたのが購入決定条件。

・基本的なスペックは知っていた。
・iPodは使っていた。
・購入負担金が手頃であった。
・必要な時に手に入った。

 以上の理由でiPhoneの契約に至ったという次第です。何か参考になるでしょうか。

|

スマートフォン

 出先での情報管理のためにそろそろスマートフォンが欲しいなーと思ってました。

 キャリアがdocomoなので、T-01Aの実物を見に行ってきたのですが、PDAっぽいところが、どーにも使いづらい。

 結局、生まれて初めて立ち寄ったSoftBankで、、気がつけばiPhone3GSの32Gを契約してたのでした。

 まあ、知り合いみんなiPhoneだからいいかな。

 マクドナルドのコーヒー券10枚と北海道の米1キロ貰いました。  なんで米?

犬グッズは、iPhoneには無し?

|

三鷹で

東京国際科学フェスティバルというものが開催中だそうです。
今月27日まで。

http://tokyo.sci-fest.net/

|

キングレコードのアニメ嫌い

 キングレコードのスターチャイルドと言いますと、おっさんアニメファンには懐かしいアニメ音楽レーベルで、現在も多数アーティストを抱えております。

 しかし、昔のスターチャイルドのレコードがなかなか再版されることはなく、キング系レコードは、主題歌集の難所でもあります。(サンライズ系はiTunesに登録されてます)

 さて、その難物スターチャイルドも今年になってぼつぼつCD化されることになり、プレミア高騰に晒されていた人間にとっては、大変嬉しいお話でした。中でもJ9シリーズは待望といえるもの。

 が、しかし! どうやら発売されたものはレコード音源らしい。

 しかもレーベルがTRIPLE STARSという会社になってる。??子会社か、関係者企業かなにか?  

 10月には故・羽田健太郎氏の「宇宙戦士バルディオス」なんかも控えていたために、かなりがっかりな感じです。

 キングは、なんでこうもアニメ関連を冷遇するのでしょうか。

|

ツイッタる2

 今webに必要とされているのは、まとめパワーだと思います。

 ニュースのまとめ。事件のまとめ。よっぽど話題性があるか、好きな人の記事じゃないとブログ文章も、毎日読むのは面倒になってきます。

 その辺手抜きして、情報のいいとこだけ集約分散させようというのが、今のwebの傾向ではないかと思います。

 一報、ある程度国語力を駆使して、毎日ブログを書いてる人の立場は「まとめられる側」になります。これは共生関係と言えるでしょう。

 読まれる記事を書くには、それなりの能力やセンスが必要なので、毎日書くのにはエネルギーが必要です。

 今、ツイッターが身内で流行っているのですが、これは「脱力系」だと思うのです。

 文章としてまとめる必要は無し。
 思いついたら書けばいい。
 それなりにリアクションもあったりする。

 文章エネルギーを使わないのに、ブログとさほど変わらない。書く方としてはラクチンこの上もありません。誰でもはじめられるのも特徴でしょう。大ベテランと、お子様でもあまり書いてることに差異はないように思えます。

 ただ、デメリットとして 散文化する。 構成能力は鍛えられない。 身内以外には関心のない内容になっていく。 基本書き捨てである。まあいろいろです。

 個人的には、短い単文に集約するのも、ありだと思ってやってます。

5.7.5で森羅万象を表現しようとする、日本人向けなのかもしれません。
短い文章で、「まとめパワーを鍛えるぞ!」と思ってる人は、これから伸びていくのではないでしょうか。

|

演技と芝居

とある役者さんのお話。

「アニメって演技なんですよ」

そのこころは?

「演じる技術ですね。登場人物(キャラクター)を真似ているとでもいいましょうか」

 最近の声優はそれすらも出来ない人もたまに……もにゃもにゃ

「で、演劇に大事なのは芝居なのです。アニメで言うとアニメーターさんの役割。人の動きですね」

ふむふむ

「ほとんどのアニメってアップばっかりで、「演技」しかないんです。「芝居」をつけてるのは少ない」

ふむふむの2

「最近のアニメで、ちゃんと「芝居」をつけてるのは京都アニメーションとか一部だけなんですよ。コンテ切ってる人で芝居を意識してる人は少ないんじゃないんですか」

 勉強不足の問題もしかりですが、技術的な枚数的な問題もありますから。

「そこが、問題なんですよ。「演技」と「芝居」がしっかりしてれば、だいたいのものは見られるようになるんです。アニメは、まだまだ本気出せばもっと面白くなるんですよ」

以上、役者さんから見たアニメ業界への不満でした。
富野監督のアニメとか見ると、芝居過多な気もしますが。

|

グダグダになる

 先日、知人から中二の息子にエヴァンゲリオンを説明したいのだがどうすればいい?という話をされました。

 とりあえず夢を壊さないように
「あれは得体の知れないものと戦うために、巨大な人造人間作って争う話なんだよ」とかなんとか言ったら納得してくれた様子。

 ここから先は大人版。

・プロットの段階では普通のSFアニメだった
・それにはアクションシーンが必要で膨大な作業が必要である。
・スケジュール管理の破綻により、当初のままでは作れなくなった。
・製作可能なスタイルに改変せざるを得なくなった。
・そのため、本来のストーリーが積み残しのまま終了した。

・あらためて劇場版作成~やっぱり失敗
・さらに仕切り直して劇場版作成
 どうやらこの段階で当初のストーリーではなく

「お話作ってる人の考えた物語になってしまった」

というのが私の認識。 「キボチわるい」

 作者なんだから、何を作ってもそれこそが真実なわけですが、当初のストーリーから、かけ離れて「作者の今作るもの」が中心になった時、話がグダグダ化していくと見ています。突然来襲する怪獣と戦う、人造ウルトラマンの話は今でも嫌いじゃありません。

 物語は全体を見渡しつつ、個別であっても全体の一部となっています。 これが分断されると、ただの時間つぶしのシーンになってしまいます。視聴者はなんとか繋がりを考えようとします。

 最終的にこれを力業で繋げるのが、物語作りの醍醐味というものなのですが、結局それを果たせずに未完に終わってしまうことが多いのも事実。

 ヒットの秘密は「終わらせぬ事」。物語は終わってもまだ続きを見たいと思わせることがビジネスの腕というもの。 言い逃れ的に落ちアルアル詐欺ばっかりやってると、結局は何も残せずに、忘れ去られるだけの気がします。

 

|

ツイッタる

 ツイッターを始めてみて少々。まだ要領が掴めなかったりするのですが、なんとなーくハマる気持ちも分かってきました。

 私としては、自分の情報をネット上に置くことでゆーるく繋がってる感じがいいなと思ってます。直接的なメールやりとりでもなく、ぽぼ無反応なブログの記事書きとも違う。近からず遠からずの距離感。

 これが、いちいち書いたことの揚げ足が取られたり、あちこちに転載されるようになると、もう圧力になるので、やってられない訳ですが、webのホームページよりかは止めやすいのかもしれません(フォロアーが多いとそうも言ってられない?)

 良くないのは思いついたこと書くと、記事に再構成しようという気が起きなくなるので、ブログがおっくうになるとこですかね。うむむむ

|

昭和少年SF図鑑

 今月27日まで弥生美術館で開催中の 昭和少年SF図鑑展に行ってきました。

 昭和40年代ぐらいの、少年誌SFグラビアを集めたもので「未来はこうなる!」みたいな図版が展示されているもの。

 メインは印刷物展示なのですが、当時のものをまとめて見る機会は少ないので、見たことのない人にはカルチャーショックになるかも。一部原図も観覧できるので、当時の着彩や入稿状況が分かったりします。

 未来都市には「チューブにエアカー」みたいな話が出てきますが、案外そのものズバリというものは、あまりお目にかかったことがありません。

 ロボット、極地開発(北極南極、宇宙、深海)、空中、原子力、ジェット動力など、技術的な未来志向が40年代未来の特徴で、この世代が現在の日本技術を支えているところを考えると、SFは技術力を牽引している。と言っても良いでしょう。

 技術系の人にお薦め。

 弥生美術館の場所は東京大学の裏です。
地方の人はこちらでどぞー

昭和少年SF大図鑑 (らんぷの本)

|

ラブプラス

 ラブプラスをプレイ中。

 基本は「パラメーター調整で、キャラクター選択」といった内容なのですが、「選択肢外してバッドエンド」みたいな部分が無いので、かなり安心して遊べるようになってます。

 草食男子用恋愛シミュ とでも言いましょうか。「ゲーム内キャラクターから好かれている」という設定を付け加えることで、かなりフレンドリーなゲームになっているのは評価できるかと思います。

 ゲームや、ビジュアル、イベントのの目新しさもあるので、今までこの手のゲームが苦手だった人にもおすすめかも。

 前段が、告白「される」まで、後段が「恋人になってから」の二段構え。

 ゲームキャラクターのご機嫌とるのにイライラするような人には、向かないかもしれません。そこは「攻略要素」だと割り切らないといけませぬ。

|

ツイッターはじめてました。

 そろそろ知らない人にも補足されはじめたので諸注意

  • ネタで書いてますよ。
  • ツイッターのhayama01さんはハードボイルドな人らしいです。
  • 本当にあったことは30%ぐらい+嘘キャラ。
  • 酒と女の話は信用するな。
  • 基本、横柄なキャラ設定ですよ。
  • むせる の元ネタはボトムズ主題歌。
  • フォロー許可とか無用。ただし勘違いされても責任とりまへん。
  • 間違ってもhayama01が当人だとは思わないで!(ここ重要)

 と言うことをおわかりの上で、ネタとして楽しめる人だけお願いします。

https://twitter.com/hayama01

|

喰っていけない

 創作における真の新人教育とは何か、という話をしてました。

 ぶっちゃけて言うと 「創作で稼いだ金をアテにしない経済力」ではないかという話になってきました。

 公務員になって余暇で創作活動するのが、一番だと言われているので、まずは「公務員試験を受けさせる」(同時に社会性も学んでいく)ほうが良いんじゃないか。という流れに。

 実際問題、心に余裕が無い状態で、良いものは書けないのも事実。「未来あるクリエイターを育てる」というのは、おだてて地獄に放り込むことではなく、生きていく力を、まずはつけさせるべきではないかと思うのでした。

|

宇宙戦艦ヤマト・復活編

復活編の新予告がアップされてます。

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id333967/

・時間軸の継承 (佐渡、アナライザー)
・古代親子の物語
・大艦隊と対決する戦闘艦ヤマト

 けっこう面白くなりそうです。 ナレーションの情報がかなり古くさいので、設定面の不安は残りますが。(宇宙で全長3キロって重要な情報か? 6連波動砲は来場者に対する期待感を煽るのか?」。

 前シリーズで松本零士氏を立てたように、先進的なビジュアル監督も必要だったかも。

 壮大な話になりすぎて第一部完みたいな終わり方になりそうな気も……。

|

友よ

友よ、明日のない国と知っても、やはりまもって戦うのだ。(作詞家、保富康午氏書くところのハーロックの気分)

 もー自民惨敗にがっかりです。メディア芸術センターは真っ先に潰されるんでしょうね。貴重な原画とかはこの先行き場が無くなって、マニアの家で死蔵されないことを祈ります。

 まあ、その後の路線変更でかなり怪しいことになってたので、がっかり度は少し軽減ですが。

 マニフェスト通りなら100万超える~400万程度の自営業者には、大負担が押しつけられるので、まともに年金払ったら、老後貰えるどころか、今死ぬかもしれません。マンガ家、アニメーターが増負担にぴったり当てはまりそうです。

 今の業界の零細経営に「最低賃金」とか当てはめたら、もっちろん作品作りが成り立たず、バタバタ企画が死んでいくかも。

 瀕死を延命させていたのが自民党。ドーピングで生き返ると思ってるのが民主党。

 ともあれ賽は投げられ、21世紀の大ばくちが始まったので、なんとか生き残るしかありません。

 

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »