« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

金田伊功を送る会

 アニメ業界や有志による「金田伊功を送る会」が、先日行われました。
私は、業界区分の申込みで席を頂きました。

 「宇宙の星よ永遠に」のピアノ演奏から始まり、故人の代表的なアニメーションを見ながら進めるという、アニメーターの業績を振り返るににふさわしい会でした。

 1980年代のアニメブームを知る人間にとっては、金田伊功氏は衝撃的な存在で、そのアニメを作ってきた、りんたろう監督や野田卓雄や、ファンだった庵野氏などの送る言葉があり、あらためてアニメブームの大黒柱たる人物が去ってしまったことを、知ることになりました。

 「キス魔」「チベットまで行ってきた」「(小松原一男氏の追悼で)グレートマジンガーを歌うためにハワイから一日、日本に帰ってきた」など、知ってる人から語られる人となりが実に面白く、「生き様が愛された人」という印象でした。

 当時リアルタイムで見た人間でないと、アニメーター金田伊功の衝撃は伝わりにくいかと思います。

 若手にとっては、古い無茶苦茶な絵を描くというイメージしか無いでしょう。しかしもう少し時代が経って、「快感的な映像」に関する研究が進めば「この時代にこんな人がいた」と後世、驚きを与えることになると思います。

 当事者でもファンでもない人間が、あのすごさを語ってくれることに、期待します。

 高画質プロジェクターを持ち込み、チケットやブックレットの印刷、発送までも短い期間で終わらせた、送る会関係者の皆様、お疲れ様でした。

|

横浜市長選

 先ほど衆議院選挙の投票に行ってきました。

 横浜市では前職中田市長が辞任したために、今日は横浜市長選も行われていたのですが、市長選の広報はほとんど聞かれませんでした。 お恥ずかしながら投票所の前で初めて気がつく始末。 他にも同様の声がいくつか聞こえてきました。

 市税が高い350万都市の市長選が、こんなドサクサに決められて良いのか疑問です。

 まったく前市長は馬鹿なことをしてくれたものです。

|

総選挙前

裁判官国民審査も忘れずにー。

http://senkyo.yahoo.co.jp/judge/

|

私は傲慢でした

 先日、某監督と話をする機会があって「最近の○○で良い所とか、悪いところとかありますか?」と質問しました。

 すると、私を睨み付けて一言

「(葉山)君は、傲慢な性格だと言われるでしょう」

 えー、はい。だいたいそんな風に言われることがあります。

「評価する時にはね、良い点と、自分が気になる点 の二つしかないんですよ」

「どんなにヘタクソであってもゼロから見ればプラス。それが何で悪いって言えるの?」

  。 。
 / / ポーン!
( Д )

「ぼくらはね、暴力が書けないから「正義」に置き換えてる、浅ましい仕事なんです」

「「正義」じゃなくて「倫理(モラル)」で対決すること。これが分からないような人間はプロになっちゃいけない」

 痛烈に身に染みたお言葉でした。

 他人を論する時に「悪い」と思ったら(決めつけたら)、それは討伐されるべき、と思い違いをしやすいという話です。 全体的には批評批判禁止ではなく、気になることはちゃんと伝える必要がある。 という流れの上に乗っかっています。

|

昔の物は面白い?

 私のような中年になって評論をいろいろ書いてると「昔の物(自分の好きなもの)ばかり誉めて、最近のものは馬鹿にしてる」なんてことを、したり顔で言われたりします。

 もう、過去どれだけ駄作を見ているか というのもちょっと考えていただければ嬉しいものです。今になって、タイトルを引っ張り出すのは山ほどの見てる中のほんの一部にしか過ぎません。

 それと、過去の作品の模倣が多いことも事実です。模倣の意識は無くてもそうなってしまうぐらいパターン化されています。

 例えば『1日だけの淑女』という1933年の映画(フランク・キャプラ)があります。 リンゴ売りの老婆が、娘に「アメリカで成功している」と嘘の手紙を送っていたら、娘がヨーロッパで貴族と結婚して、こっちにやってくるからさあ大変。というお話。

 ピンと来た人も多いかと思いますが、「家族に嘘出世」ネタとして何百回と無く同じコンセプトが使い回されています。

 系譜の古さを知ってる自慢は、大変馬鹿げたことです。 こういう人種は私も大嫌いです。(残念ながらオタク業界はかなり多い) しかし論理的に評する上での足がかりの一つにはなります。

 ドラマ的な面白さを、自力で考え出しているのか、それとも流して作ってるのかでは、出来に大きな違いがあります。

 私の場合は、そういうところを評価基軸にしてるだけで、「面白かった」「感動した!」みたいな感情評価とは違っているだけのことです。

  どういう経路で作られたにせよ、自分を感動させた映画なら、それを自分の言葉で、評価すればいいのです。 自分と同じ感動基準を、他人が持ってるとは限らない。それだけのことです。

 

|

日本終わりそう

 まー、普通、生活に影響なければ、どこの政党でもいいかなと思うものですが

年金に収入の15%を徴収!

 これが本当なら、業界関係の自営業者には大負担になるので、細々と暮らしてる人間は、大変なことになるような気がします。

 例えば年収200万のアニメーターは30万円ですか。 アハハハハハハハハハ 必要経費とか引いたら生活費なのが分かっておらんようです。

 本当に年金改革したいなら、払いたい人間には好きなだけ上乗せ負担を可能にして、貰う前に死んでしまったら全額国庫に納めるってことにすりゃ良いのです。

 高速道路無料化だって、基本プロドライバーは会社の経費で落ちるもの。喜ぶのは高速でなければ性能が出せない車に乗ってる富裕層だけ。

 無料化したら結局は朝夕の混雑の場所が変わるだけなので、「お金を払っても早く行きたい」ってのが出来なくなって、流通としてはむしろ迷惑のような気がします。

|

馬鹿に合わせるな

 先日、ホラー映画関係者がぼやいていました。

曰く
「最近分かりやすくしろ、という注文が多い。ホラーで分かりやすくすると言うことは、直接ドバドバグジャグジャってことですよ」

 以前なら比喩表現で済ませられていたのですが、「刺激馴れ」と「理解力の無さ」でつまらないと言われることが増えたんだとか。

「Pから小学生にも分かるホラーにしてくれ! って言われました。小学生はおのれの脳みそじゃ! とどんだけ言いたかったことか」

 小学生(もしくはそのレベル)が見るホラー とか考えてる段階でもう終わってる気がします。 ちなみに私の判断では「怖い=怪談」「生理的恐怖感=ホラー」です。子供に見せるもんじゃありません。

|

マジコン教育

 ドラクエ9のマジコンに関する記事を読んでみました。 ダメ、ゼッタイ

 マジコンは駄目だと言ってる人は、過去一度も違法ソフトを使ったことはないのか? という疑問が出てきます。
 後ろめたい人間が、ここぞとばかりに言う正論よりも、この記事のような「マジコン使ってたらハブられる(仲間はずれにされる)よ」と言った方が、説得力あるような気がしています。

 お金が無くてゲームが買えない子はかわいそうとは思いますが、ズル得したことに対するペナルティを、きっちり取らせる方が、本当に子供のためになるのは明白です。親は実売5000円のソフトのために子供が晒される非難とか、価値観の崩壊とかをもっと真剣に考えねばならないでしょう。

 親の無責任を横に置いて、子供のモラルだけを語ってはいけないのかもしれません。

 

|

評価の値段

 とある作家教室では、自分の作品を評価して貰うのに一本1万円必要なんだとか。

高い! と思われる人も多いと思いますが、私の認識としては妥当かなぁと思ってます。

 マンガなら読むのは早いですが、これが小説になるとかなり手間がかかります。ましてや素人文章ともなれば、どこが繋がって、どこが分裂しなければならないのか、整理しつつ読まなければなりません。

 見落としでもしようものなら、「お金を払っているのに!」と文句を言われることは必至でしょう。そういう手間を考えたら一本1万で、2.3日拘束されるとワリに合わないかもしれません。

 面白い、面白くない。とかただ単に一面性のみで語られる個人的評価は、お安くても良いです。あざけるだけなら一銭の価値もありません。

 正しく評価を得ようと思うなら、最低でも二人、出来れば3人以上のそれなりに正当な評価の出来る人材を集めて、内容を見て貰う必要があります。出来れば意見の違う人間がそれぞれの視点で見ることが大事でしょう。 それだけのマンパワーを考えると評価一本数万円は必要かと思います。

 私も原えりすんの時代から15年ぐらいアニメ評を書いてますが、かなり偏った評になる事があります。正しいとも思っていませんが、正直である事には心がけていますこういった人間の言うことでも、複合することで意味が出てくると思ってます。

 個人の意見=正しい/悪い という考えは、その考えを訂正させれば正当化出来るという、という間違った判断を呼ぶことがあります。

 手間隙惜しまずに、もっと評を読むか、自分で意見を発表すればいいのにと、いつも思ってます。

|

宇宙へ。

現在公開中のドキュメンタリー映画。近所の映画館で限定500円で公開していたので行ってみました。(今は終わってます)

http://www.we-love-space.jp/

 中身はふつーのドキュメンタリーでした。古い映像がベースなので目を見張るような新撮影増は無し。進行もスペースシャトル爆発のとこまで。 いろんな意味で中途半端。パノラマドキュメントを期待するならがっかりすることでしょう。 正直寝た。

 しかし!500円というのがきいたのか、いつもはガラガラのレイトショーですらほぼ満席! こんなTVを大写ししただけの映画でも観客動員できることを考えると、もっと映画料金は変動あっても良いんじゃないかと思いました。

|

ファイアボール

 注文したDVDが来たので鑑賞。正味23分くらい。

 ゲデヒトニスペーパークラフトとか、お猿プラモとか、手間のかかってる新作メイキングとかネタ満載でやりたいのは分かるのですが、「何でこれがディズニーで?」とか「何でこんな話に?」とかのまともなメイキングが知りたい人間にとっては、どうにもビミョー。

 なんか肝心なことをはぐらされて、はしゃがれているような印象なのですよ。いやホント、頑張ってる事には頭が下がりますが、自分は特典全部不要でした。 スクリーンセーバーよりも高画質壁紙集とか入れて欲しかったです。

 正直23分1500円ぐらいで売ってくれた方が嬉しい気がします。

|

申込み

コミケの申込みが21日(金)まで! って余裕ぶっこいてたら
21日(金)の13時締め切りなので24時間切ってた罠。

|

秋は電車旅

今年は9月に20-23日までの大型連休があります。
土曜も休めるなら5連休でGW並となります。

 この時期、青春18きっぷなどが使えないのが不満でしたが、なんと高速料金割引き対策なのか、北海道+東日本パス9月の30日まで延長されて(当初はは9月10日までと公表)、秋休みに北海道旅行も可能となりました。

 延長されたことを知らない人も多いので、これはねらい目かもしれません。

 個人的には函館で、ご当地バーガーラッキーピエロを食べに行くのをお薦めします。

|

選挙

 本日から本格的に選挙カーがうるさくなりました。原稿書きには凄まじく邪魔なので、ノイズキャンセリングフォンが手放せません。

 ナントカの一つ覚えみたいに名前をがなり立てれば勝てると思ってる人達がいる以上日本の政治はよくはならないと思います。

 騒音として110番できないもんですかね。

|

SFヒーロー三昧まとめ

 かってないぐらいの、全方位で充実した良い番組でした。 細かいトラブルとか、微妙な企画とかもありましたが、特撮ファンにとっては歴史的な番組になったかもしれません。

 かかる曲もだいたいメジャーどころは抑えているので、良いバランスであったと思います。(個人的には真夏竜のウルトラマンレオがかかったので大満足)

圧巻はNHKで死ね死ね団の歌がかかったことですか。インパクトだけが取り上げられがちですが、メッセージ性としては一番強い曲かもしれません。

下記にかかった曲をまとめてみました。
ブロックに分けて頭の数字が放送順。かかっていない曲も多いのでもう1セットは出来そうですが、コロムビアのコンピレーションが主な音源のようで、マイナーリクエスト対応が課題になるかも。

戦隊シリーズ
010:「進め!ゴレンジャー」  ささきいさお、堀江美都子、コロムビアゆりかご会  [秘密戦隊ゴーレンジャー]
119:「LIVE:進め!ゴレンジャー」  串田アキラ、堀江美都子  [秘密戦隊ゴーレンジャ009:「ああ電子戦隊デンジマン」  成田賢  [電子戦隊デンジマン]   
072:「デンジマンにまかせろ!」  成田賢  [電子戦隊デンジマン]
121:「太陽戦隊サンバルカン」  串田アキラ、こおろぎ'73  [太陽戦隊サンバルカン]
087:「大戦隊ゴーグルⅤ(ファイブ)」  MoJo、こおろぎ'73、ザ・チャープス  [大戦隊ゴーグルⅤ(ファイブ)]
088:「科学戦隊ダイナマン」  MoJo、こおろぎ'73  [科学戦隊ダイナマン]
033:「超電子バイオマン」  宮内タカユキ  [超電子バイオマン]
008:「超獣戦隊ライブマン」  嶋 大輔  [超獣戦隊ライブマン]
073:「こころはタマゴ」  影山ヒロノブ  [鳥人戦隊ジェットマン]
001:「電磁戦隊メガレンジャー」  風雅なおと  [電磁戦隊メガレンジャー]
129:「気のせいかな」  風雅なおと  [電磁戦隊メガレンジャー]
015:「JIKU~未来戦隊タイムレンジャー~」  佐々木久美  [未来戦隊タイムレンジャー]
013:「いま 風のなかで」  影山ヒロノブ  [忍風戦隊ハリケンジャー]
079:「LIVE:特捜戦隊デカレンジャー」  サイキックラバー  [特捜戦隊デカレンジャー
083:「デカレンジャーアクション」  サイキックラバー  [特捜戦隊デカレンジャー]
031:「魔法戦隊マジレンシャー」  岩崎貴文  [魔法戦隊マジレンシャー]
074:「呪文降臨~マジカル・フォース~」  Sister MAYO  [魔法戦隊マジレンジャー]
032:「轟轟戦隊ボウケンジャー」  NoB  [轟轟戦隊ボウケンジャー]
080:「LIVE:冒険者 ON THE ROAD」  サイキックラバー  [轟轟戦隊ボウケンジャー]
005:「G3プリンセス ラップ~PRETTY LOVE☆Limited~」  G3プリンセス  [炎神戦隊ゴーオンジャー]
078:「LIVE:侍戦隊シンケンジャー」  サイキックラバー  [侍戦隊シンケンジャー]
003:「四六時夢中 シンケンジャー」  高取ヒデアキ(Project.R)  [侍戦隊シンケンジャー]

ライダーシリーズ
049:「レッツゴー!!ライダーキック」  藤岡弘、  [仮面ライダー]
048:「レッツゴー!!ライダーキック」  藤浩一  [仮面ライダー]
044:「ロンリー仮面ライダー」  子門真人  [仮面ライダー]
095:「ロンリー仮面ライダー」  関智一  [仮面ライダー]
043:「戦え!仮面ライダーV3」  宮内洋、ザ・スウィンガーズ  [仮面ライダーV3]
081:「仮面ライダースーパー1」  高杉俊价、こおろぎ'73  [仮面ライダースーパー1]
014:「仮面ライダーBLACK」  倉田てつを  [仮面ライダーBLACK]
022:「仮面ライダーBLACK RX」  宮内タカユキ  [仮面ライダーBLACK RX]
016:「仮面ライダークウガ!」  田中昌之  [仮面ライダークウガ]
042:「Alive A life」  松本梨香  [仮面ライダー龍騎]
131:「少年よ」  布施明  [仮面ライダー響鬼]
024:「始まりの君へ」  布施明  [仮面ライダー響鬼]
027:「CLIMAX JUMP」  AAA DEN-O form  [仮面ライダー電王]
002:「CLIMAX JUMP」  モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス  [仮面ライダー電王]
018:「Supernova」  TETRA-FANG  [仮面ライダーキバ]
004:「Journey through the Decade」  Gackt  [仮面ライダーディケイド]

ウルトラシリーズ
007:「ウルトラマンの歌」  みすず児童合唱団、コーロ・ステルラ  [ウルトラマン]
127:「進め!ウルトラマン」  コーロ・ステルラ、みすず児童合唱  [ウルトラマン]
052:「ULTRA 7」  ジ・エコーズ  [ウルトラセブン]
110:「MATチームのうた」  西田敏行  [帰ってきたウルトラマン]
130:「M-3~ワンダバコーラス入り」  不明  [帰ってきたウルトラマン]
028:「ウルトラマンエース」  ハニーナイツ、みすず児童合唱団  [ウルトラマンエース
029:「ウルトラマンタロウ」  武村太郎、少年少女合唱団みずうみ  [ウルトラマンタロウ]
030:「ウルトラマンレオ」  真夏竜、少年少女合唱団みずうみ  [ウルトラマンレオ]
019:「ウルトラマン80」  TALIZMAN  [ウルトラマン80]
116:「ぼくらのウルトラマン」  ささきいさお、コロムビアゆりかご会  [ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団]
051:「TAKE ME HIGHER」  V6  [ウルトラマンティガ]

017:「ULTRA HIGH」  LAZY  [ウルトラマンダイナ]
128:「ウルトラマンガイア」  前田達也、宮内タカユキ  [ウルトラマンガイア]
050:「ウルトラマンメビウス」  Project DMM with ウルトラ防衛隊  [ウルトラマンメビウス]

東映ヒーロー
023:「宇宙マーチ」  ボーカル・ショップ  [キャプテンウルトラ]
112:「ジャイアントロボ」  マイスタージンガー  [ジャイアントロボ]
057:「オー!!大鉄人ワンセブン」  水木一郎、こうろぎ'73、ザ・チャープス  [大鉄人17(ワンセブン)]

118:「LIVE:かぐや姫先生のうた」  堀江美都子  [好き!すき!!魔女先生]
065:「ゴーゴー・キカイダー」  秀 夕樹、コロムビアゆりかご会  [人造人間キカイダー]
126:「キカイダー01(ゼロワン)」  子門真人  [人造人間キカイダー]
034:「ぼくらのバロム1」  水木一郎  [超人バロム1]
046:「フラッシュ!イナズマン」  ヒデ 夕樹  [イナズマンF(フラッシュ)]
037:「勝利だ!アクマイザー3」  水木一郎、こおろぎ’73  [アクマイザー3]
125:「斗え忍者キャプター」  水木一郎、堀江美都子、こおろぎ'73  [忍者キャプター]
035:「地獄のズバット」  水木一郎  [怪傑ズバット]
115:「駆けろ!スパイダーマン」  ヒデ夕樹  [スパイダーマン]
089:「星雲仮面マシンマン」  MoJo、コロムビアゆりかご会  [星雲仮面マシンマン]
094:「その名も兄弟拳バイクロッサー」  高橋元太郎  [兄弟拳バイクロッサー]
006:「宇宙刑事ギャバン」  串田アキラ  [宇宙刑事ギャバン]
123:「蒸着せよギャバン」  串田アキラ、こおろぎ'73  [宇宙刑事ギャバン]
069:「宇宙刑事シャリバン」  串田アキラ  [宇宙刑事シャリバン]
117:「LIVE:強さは愛だ」  串田アキラ  [宇宙刑事シャリバン]
124:「結晶だ!スピルバン」  水木一郎  [時空戦士スピルバン]
082:「君の青春は輝いているか」  佐々木功  [超人機メタルダー]
068:「ジライヤ」  串田アキラ  [世界忍者戦ジライヤ]
070:「特警ウインスペクター」  宮内タカユキ  [特警ウインスペクター]
071:「特捜ロボ ジャンパーソン」  大矢晋、森の木児童合唱団  [特捜ロボ ジャンパーソン]
093:「重甲ビーファイター」  石原慎一  [重甲ビーファイター]
075:「キラリ★セーラードリーム!」  小枝  [美少女戦士セーラームーン]


122:「ぐるぐるメダマンおばけだぞ」  堀江美都子、ヤングフレッシュ  [ぐるぐるメダマン]
114:「魔女はいじわる」  曽我町子、ザ・チャープス  [5年3組魔法組]
047:「ロボット8ちゃん」  猪股裕子、ヤング・フレッシュ、こおろぎ'73  [ロボット8ちゃん]
054:「赤い夕陽のバラバラマン」  斉藤晴彦、こおろぎ'73  [ロボット8ちゃん]
086:「ペットントン」  アイ高野  [ペットントン]
085:「カッテにカミタマン」  田中真弓  [勝手に!カミタマン]
084:「摩天楼のヒーロー」  大野方栄  [おもいっきり探偵団 覇悪怒組]
025:「17の頃」  斉藤小百合  [美少女仮面ポワトリン]
076:「哀しみと空き缶」  梅垣義明、エド山口  [うたう!大龍宮城]
026:「思いたったが吉日!」  三姉妹  [有言実行三姉妹シュシュトリアン]
077:「街は大騒ぎ!!~Welcome to Mitara Funk City~」  Tokyo Funk City  [燃えろ!!ロボコン]

伊福部昭+怪獣関係

103:「ピアノ協奏曲ト長調 第3楽章」  ピアノ:マルタ・アルゲリッチ、指揮:クラウディオ・アバド、ロンドン交響楽団  
104:「バイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲 第1楽章」  ヴァイオリン:徳永二男、指揮:広上淳一、日本フィルハーモニー交響楽団      
105:「「シンフォニア・タプカーラ」 第3楽章 ヴィヴァーチェ」  指揮:広上淳一、日本フィルハーモニー交響楽団
106:「SF交響ファンタジー第1番」  指揮:広上淳一、日本フィルハーモニー交響楽団  [ゴジラ]

100:「「空の大怪獣ラドン」ラドン誕生」  不明  [空の大怪獣ラドン]
098:「「銀嶺の果て」メインタイトル」  不明  [銀嶺の果て]
097:「「ゴジラ」 メインテーマ」  不明  [ゴジラ]
107:「ゴジラさん」  青木はるみ  [ゴジラ]
108:「うちのアンギラス」  青木はるみ、野沢一馬  [ゴジラ]
102:「「緯度0大作戦」メイン・タイトル」  不明  [緯度0大作戦]
099:「怪獣大戦争マーチ」  不明  [怪獣大戦争]
101:「「モスラVSゴジラ」モスラの旅立ち」  不明  [モスラVSゴジラ]

064:「ガメラマーチ」  大映児童合唱団  [大怪獣ガメラ]

海外物
092:「ゴーストバスターズ」  Ray Parker Jr.  [ゴーストバスターズ]
091:「サンダーバード・メインテーマ」  Barry Gray Orchestra  [サンダーバード]
090:「Believe It or Not」  Joey Scarbury  [Greatest American Hero]

川内康範関係
059:「月光仮面の歌」  三船浩  [月光仮面]
058:「月光仮面は誰でしょう」  近藤よし子とキング子鳩会  [月光仮面]
063:「まこと泪は真珠だよ」  X(エックス)  [黄色い手袋X]
060:「死ね死ね団のテーマ」  キャッツアイズとヤング・フレッシュ  [レインボーマン]
061:「ライコウマーチ」  ロイヤルナイツ  [光の戦士 ダイヤモンド・アイ]
062:「コンドールマン」  ヤングフレッシュ  [正義のシンボル コンドールマン]

円谷関係
053:「ミラーマンの唄」  植木浩史、ハニーナイツ  [ミラーマン]
045:「戦え!ミラーマン」  石田信之、杉山完、市地洋子、沢井孝子、荒川少年少女合唱団  [ミラーマン]
038:「ファイヤーマン」  子門真人  [ファイヤーマン]
056:「ジャンボーグA」  谷あきら、荒川少年少女合唱隊  [ジャンボーグA]

レトロ関係
041:「白馬童子」  児童合唱団  [白馬童子]
040:「白馬童子」  児童合唱団  [白馬童子]
039:「ナショナルキッドの歌」  ビクター児童合唱団  [ナショナルキッド]

ピープロ関係
111:「マグマ大使」  東京ボーカルグループ  [マグマ大使]
055:「スペクトルマン・ゴーゴー」  みすず児童合唱団、ハニー・ナイツ  [スペクトルマン(宇宙猿人ゴリ)]

その他
113:「怪人二十面相」  上条恒彦  [怪人二十面相]
120:「ふりむけば Danger!」  堀江美都子  [キャプテンパワー]
109:「ギャラクティカ・スリリング」  燕 奈緒美・真由美  [地球防衛軍テラホークス]
021:「GO!リュウケンドー」  大槻ケンヂ  [魔弾戦紀リュウケンドー]
020:「キューティーハニー」  倖田來未  [キューティーハニー]
011:「WAKE YOU UP」  島谷ひとみ  [ケータイ捜査官7]

096:「戦え!銀河ロイド コスモX」  関智一  [銀河ロイド コスモX]

ご当地ヒーロー
036:「豪石!超神ネイガー ~見だがおめだぢ~」  水木一郎  [超神ネイガー(ローカルヒーロー大集合!パート2:秋田県)]
066:「琉神マブヤー 魂の戦士」  アルベルト・シロマ  [琉神マブヤー]
067:「君のそばにいるから」  不明  [パンダ戦隊パンダレンジャー]
012:「君の明日を守る者」  井亀明彦  [未来環境防衛隊ドラゴンマン(ローカルヒーロー大集合!パート1:香川県)]

|

真夏の特ソン

 今日はコミケで売り子をしながらSFヒーロー三昧聴いてました。

 フラフラに疲れてるところに、ハイテンション曲の連発っちゅうのは、なんか強烈な体験すね。

|

コミケ

 一日目はドラクエすれ違い通信で120人ほど呼び込み。フリーメッセージでは

「普通の挨拶」「コミケの挨拶」「スペースの告知」などが多かったのですが、どん引き系のネガティブメッセージなんかもありました。

「リアル宝探し、○○に××置いてます」みたいなのもありましたが、こういう人を動かす系は良くないのではないかと。 なごみ系では

「らいしゅうリアルけっこんします(はーと)」
の後で
「けっこんするひと、おめでとう。(   )もげろ」
を拾ったことですか。 

 三日目は 日 東 M 36a で

特撮主題歌大リストと、主題歌クロニクルVol.1を委託で少し置かせて貰いますので、評論系にお越しの方はよろしくお願いします。 SFヒーロー三昧のお供にどうぞ。

|

コミケ76

 さっき聴いた話だと、お台場周辺でガンダム渋滞が起こっていたんだとか。

車で行く人は要注意です。

|

コミケ

 14日(金)東 O 34aで委託本を出します。

 特撮主題歌大リスト 400円(コピー誌)

 昨日アップした特撮主題歌リストの増補版で劇場ライダーとか、トミカヒーローをフォローしてる最新版でお薦めマーク付き。最新版はネットにアップ予定は無いです。 

 ちょっとお高いですがこれから仮面ライダー電王の鬼バリエーションとか全部買わないといけませんので、よろしくお願い致します。 あと何万円使ったら終わりが来るのか……。カンパも大歓迎。

 特撮主題歌クロニクル VOL.1(800円) の在庫も持っていく予定。高円寺「ごじらや」様での委託分は全部無くなりましたので、そろそろお終いかも。 この先は合本になるまで数年は再版予定はありません。

 委託先では「フラワーアクション009ノ1」本とかあります。

 もひとつ知人のとこで、これまた恐ろしい新刊が出ます。
http://homepage3.nifty.com/JESFTV/

「テレビドラマ 遊星人M 作品解題」
頒布価格 2,500円
8月14日(金)東2ホール O-41a 「日本初期SF映像顕彰会」

 生で放送され、もはや微塵も残っていない番組を追った労作です。ドラマファン、SFファンは必見です。

|

SFヒーロー三昧

 特撮の主題歌研究をやっていまして、今年5月くらいにとあるラジオ局に「主題歌クロニクルVOL.1」を送ってみました。それが効を成してかどうかは知りませんが

 8月16日に NHK-FMでSFヒーロー三昧が放送されます。

 いや、もうゲストがすごいことになってます。

 せっかくなので、作業中の特撮主題歌リストを公開いたしますので、番組リクエストなどにご利用下さい。 公開終了しました。

かかったらすごい

  • サンダーバード ロイヤルナイツのフルバージョン。超レア音源
  • 月下の美剣士 放送打ち切りになった幻の番組
  • 火の鳥 松崎しげる まだCD化されていないはず 名曲
  • だいじょうぶマイフレンド いくつかバージョンがあって広田令央名のみCD化
  • ふしぎ犬トントン、タンサー5、グリッドマン、ガイファード、サイバーコップ CD入手難

知名度は低いが名曲主題歌

  • 快傑黒頭巾 伊藤久男
  • 豹の眼/少女錦華の歌 
  • 鉄人28号(ラジオ)
  • 怪傑ハリマオ/南十字星の歌
  • 銀河少年隊
  • 海底大戦争スティングレイ
  • 空中都市008
  • 宇宙マーチ(キャプテンウルトラ)
  • 幸せのブルースター(光速エスパー)
  • キャプテン・ナイス
  • 朝日に向かってジャンボフェニックス(ミラーマン)
  • ハカイダーの歌/三郎のテーマ(人造人間キカイダー 挿)
  • 戦え!笛吹童子
  • はるかな青い地底に(ファイヤーマン)
  • レッドバロンの歌全て
  • 明日の愛(日本沈没)
  • ミヤラビの祈り(メカゴジラの逆襲)
  • 青春の旅立ち(スターウルフ)
  • 戦え!レッドタイガー
  • 駆けろ!スパイダーマン
  • Xボンバー、スターフリート
  • アメリカンヒーロー
  • 熱血キッドの歌(CM曲)
  • せがた三四郎(藤岡版)
  • 仮面天使ロゼッタ(漆黒のフレイア)
  • スペクトルマンゴー・ゴー(映画 魁クロマティ高校)

これは聴きたいSFテーマ曲

  • 宇宙空母ギャラクティカ
  • カプリコン1
  • さよならジュピター
  • レーザーブレードメドレー
  • エイリアン2
  • デューン砂の惑星
  • ライトスタッフ
  • スペースバンパイア
  • ラストスターファイター
  • シークエストDSV
  • ロボコップ
  • サイレントランニング
  • スタートレック、ジェネレーションズ
  • 未来忍者
  • 海底軍艦(アニメ版)

 もうキリが無いのでこの辺で~。

|

備えあれば憂い無し

 今朝は大地震に台風直撃かもしれないという、すごいことになってました。重なる時は重なる物です。

 怖いので防災用品を検索

【防災非常用食品】THE ARK 3(命の箱 アーク・スリー)保存食、防災セット、非常食セット!

 締め切り際で忙しかったり、食費が無くなったり、した時の身近なサバイバル用にも良いかも。

アイリスオーヤマ≪備えて安心!≫ 避難リュックセット JTR-10

こっちは食料以外なので、家賃が払えず家を追い出された時に重宝しそうです。

WSD ( Woman Self-Defense) 戦闘糧食II型 「それゆけ! 女性自衛官」バージョン

なんだかなぁ。

APC ES500 BACK-UPS ブラック BE500JP

一番必要なのはこれっぽいですね。

|

DQ9

 いろいろ一段落付いたのでDQ9を始めてみました。まだ初期のしょぼいLv。

 注目しているのはすれ違い通信機能。総出荷量が最大クラスであるから出来ることで、知らない人間とデータやりとりを無差別で行うことが、どういう結果をもたらすのは全く未知数です。

 先日伊勢佐木町を、通信ONにして歩いていたら 風俗のお姉さんの宣伝を拾ってしまいました

 風俗情報の他にも、個人情報をバラまこうとする人間がいるのを想定して、3人までとかいう設定になったんでしょう。 歯止めにはなりますが絶対ゼロでは無いのが怖いところです。

 レア地図交換が善意のプラス面なら、悪意の散布というマイナス面もあります。これは今夏でしか体験できない事柄でしょう。さっきバイクで10分ほど移動してるだけでも、一人拾ったので(信号待ち中?)、すれ違いプレイヤーはかなりの数と思われます。

 コミケ会場ではすごいことになりそうなので、それまでにはそこそこの地図持って出かけたいとこです。

 こんだけ充実して実売(量販店などで5000円前後)がドラゴンクエスト1(5500円)よりも安いというのは、もっと評価しても良いかも。

|

圧縮と非圧縮

 ドラマ畑の脚本家が、アニメの脚本を書く時にはコツがあるそうです。

それは 圧縮をかけること

 ドラマだと登場人物を激怒させるなら、それなりの段取りというものが必要です。マンガやアニメの場合は、いきなり怒った人物を出してもかまわない。全部手作業で絵を作るので、余計なものは一切入れずにやれと言う主旨。

 この段取り省略が一般化されて、逆にドラマ側に持ち込まれ「こういうキャラだから」ということで突発的な行動を取るようになったのが今のドラマの弊害だそうです。

 (ちなみにヘタなドラマは、段取りに時間をかけすぎるので、集中力が無くなってつまらなくなってしまう)

 感情に至るまでに、ハサミを入れ過ぎちゃうと結局「やらせたい行動」のみが残るわけです。その辺のサジかげんが難しい。

 例えば「機動戦士ガンダム」。これも、アムロレイがたまたまガンダムに乗る話ですが、

  • 戦争状態である(潜在的な驚異)
  • 侵攻(潜入作戦)が始まっている(すでに状況は変化している)
  • アムロレイは機械に詳しい(素質がある)
  • 父親が技術者である(因縁がある)
  • 友達の家族も死に、危機が差し迫っている(動機がある)

シーンとして描いて、ガンダムとザクバトルに持ち込むわけです。 これが正味22分ぐらいにまとめられているのですから、実に見事であると言えるでしょう。

 アニメ=圧縮とは逆方向に、ドラマ的なものアニメが向いたのは注目すべき所です。それまでロボットものの主人公は、自分の動機とは関係無く、無理矢理言いくるめられて、バトルが始まっていたパターンが多いので、当時の衝撃は並ではなかったのでした。

 切り詰めた非圧縮 を作るのが今求められている腕ではないかと思います。

|

エンドレスエイト

 原作通りのずっこけオチで終了。 心残りがキョンの家に行きたかったのなら、告白でも全然よかったんでは……。

 さて、次の注目はDVDがどんなアコギな商売をするかですが…

「トレーディングでやれば?」(知人談)

 それだ!エンドレスエイトは全部で1話として一枚500円で売ればいい!

 解決編封入率は1/8!コンプリートは至難の業!

 もう食玩として売っちゃえ!

|

結婚と現実

 どーも、覚醒剤がらみの事件を見てると、夢を追う旦那 が問題のように思えてきます。ミュージシャンとか、プロサーファーとか。 実際には個人の事情なのでもっと複雑な問題が見えないところにあるとは思いますが。

 最近結婚がらみの話題が多くて、その度に「ベースキャンプ」をどこに作るかの話になります。

 ベースキャンプというのは、結婚した後に遭難してしまわないよう、「命をつなぎ止めるライン」も設定で、要するに年収の最低ラインみたいなもの。 これが無しに勢いで結婚しちゃうと「夢を追ってる暇が無くなる」というのがほとんどだと思います。

 覚醒剤事件も、高揚感を化学的に満たす方法論で、そこに手を出して破滅するパターンなので、これは本人に責がある問題。

 責がない場合、例えば真面目な若手アニメーター(男)が恋に落ちても、彼と結婚してくれる女性はいるでしょうか? 人間的に惚れるのはアリでも、年収110万円では経済的にはやはり心許(もと)ない。女性は二の足を踏むでしょう。 そうなると経済基盤が出来るまでずっと待たなくてはいけない。

 性欲は10代からピークになって徐々に下がっていくものだから、子供を考えると後になればなるほど少子化が進むわけです。

 私は思うのですが、誰でも夢を追えるようにするには、社会の改革も必要だと思います。 創造業に就くなら、喰えないときは生活保護が支給される。その代わりこれは奨学金みたいなもので、生活保護課税がつきヒットした時は税率が上がる。 これを夫婦限定にすれば業界が大きく変わっていくと思います。 (個人に支給すればニートが増えるだけなので駄目)

 もちろん審査も厳しいという条件付きですが、こういう事にお金を使うことが文化の育成ではないかと思います。

|

アニメとストーリー(サマーウォーズネタバレ注意)

 サマーウォーズはアニメ脚本の典型的な失敗例だと思ってます。

ストーリーのために、必然がゆがめられている。

 これに付きます。基本的な内容は、夏休み旧家で世界的な騒動に巻き込まれる。といったもの。 これを各個の視点でストーリーを語ると

「夏休みに、美人の先輩のうちにバイトに行ったら、嘘彼氏でびっくり。そしたらたまたまOZのハッキングAI事件があって、(中略)最後は運良く暗算で正解しちゃった」(主人公)

「夏休みに、おばあちゃん騙そうと思って、適当な偽彼氏連れて行ったら、たまたま数学オリンピック級のスキル持ってたの。眼中になかったけど、泣いてるときに手を握らせたのよ。ちょっといいかなー」(ヒロイン)

「俺、超ゲーマーなんだけど親戚うぜえ。ばあちゃんの誕生会連れていかれたらOZ騒動があって、たまたまアクセス出来る人間がそこにいたんだよ」(ゲーマー)

「いやー、僕。なんでも乗っ取れてゲーム大好きなんすけど、たまたま花札だけは負けちゃったんすよ」(おでかけAI)

 最悪なのは90歳のおばあちゃん。 ポックリ行く布石は、 ・事前に伏せっている・興奮して倒れ込んでいる。で良いにしても初登場以来ですね

・目の前で挙動不審な行動をしている男を、彼氏だと認定。 仮に嘘だと見抜いていても、挨拶しちゃった以上正式なものになる。(要はもうボケている)

・その嘘彼氏を当人の意思確認もなく、くっつけようとする。

・長男の妾の子を引き取って大事に育てたわりには、財産持ち逃げされる。

・長男の妾の子を殺そうとして失敗。でも帰ってきたら迎えてあげてとか書き残してる行動不一致。

・なんか起こってる事件をいきなり「戦争」認定。

・自分がなんとかできると妄想行動。

・災害対策で忙しい中に電話をかけまくり。

・最終的には一家のアバター集めぐらいにしか役に立っていない。

 要するに登場人物の動きがストーリーに合わせているだけで、必然の行動ではないのです。

 アニメのシナリオがよく陥りがちなことですが、サマーウォーズは特段ひどい。昔のアニメの方が面白かったとか言う人がいますが、多分その面白いと思ったアニメは、登場人物の行動原理が丹念に描かれているものだと思います。

 「時をかける少女」はたまたま時間移動に巻き込まれたヒロインが、最後には友達と別れざるを得なくなるという、「決定事項」に振り回されてる訳ですが、やはり感情面行動面がちゃんと書かれているから、見ていて気持ちよくスッキリ終わるわけです。

 不自然な内容であっても、最後にサッパリ合致させるのがいい映画というもので、雰囲気だけでは、どうにもならないと思うのです。

|

サマー魚津

 一番駄目なのは

 人生勝ち組が大勝利

 だからじゃないかなー。みんな満たされまくっとるやんすか。不幸が素晴らしいとは言いませんが、苦痛を乗り越えてないので、感情移入できんのです。

|

サマーウォーズ(ネタバレ)

 以下ネガティブな感想がありますから、この映画が好きな人は読まないでください

 

 

 

 

 逃げて、にげてー

 

 

 

 

 いちいち転載するのもご遠慮ください。

 正直、なんじゃこれはと思いました。 ともかくシナリオの出来が最悪で

 数学オリンピックに出られる主人公が、たまたまやってきた美人の先輩の嘘恋人に、たまたまジャンケンに勝ってなれて、たまたま謎の暗号をうっかり解いて、たまたま軍事演習のハッキングAI事件に遭遇して、たまたま間違えられて全国に指名手配、たまたまそこにチャンピオンクラスのゲーマーがいて、たまたまそこの家のおばあちゃんが超大物で、たまたま書き間違いがあったおかげで無罪と分かり、たまたまやって来たおじさんのおかげでばあちゃんポックリ逝ってしまい、たまたま借りられたスーパーコンピューターや軍事機材で、たまたま人型してるハッキングAIに喧嘩を挑み、たまたま昔の合戦法が採用され、たまたまスーパーコンピューターが馬鹿親戚のおかげで熱暴走、たまたまみつかったおばあちゃんの手紙で一家団結して、たまたまゲーム大好きハッキングAIが花札に興味を示して、たまたまみんな持ってる機器でアクセスして花札勝負、たまたまヒロインナツキが代表で、たまたまいた運営側に超アイテムを与えられ、たまたま花札知ってる外人が多く、なんだか分からないけど協力して貰って大勝利、たまたま地球にやってきた人工衛星墜落を阻止して、たまたま温泉が出るという話。

 呆れるぐらい偶然要素ばっかりで、これは正直お粗末としか言いようがないです。

 高校生が主人公ということから、中高生がターゲットとは思いますが、中身が小学生向けレベルのバーチャルパニックではどうしようもないと思うのです。結局は「運営がしっかりすれば」ですむ話。主人公とその一家は関係ありません。

 家族の絆を重視という割りには、主人公の家族はまるで出てこずに、他人に巻き込まれただけ。小学生向きキッズムービーと割り切れば、気にはなりませんが大人向けに見て貰おうと思うなら、もうちょっとシナリオ段階から練り直した方が良かったと思います。

「時をかける少女」のように、何か原作があってそれを細田監督風にアレンジするのならもっと良いものが出来たのかも。なまじオリジナルで勝負したばかりに物語作りの基礎が出来ていないことが露呈したような気がします。

 素直にドタバタサマームービーと思って楽しむのが一番だと思いますが、それが通用するほど興行界は甘いのでしょうか?

 『ウォーゲーム』(ジョン・バダム 1983年)は最後にコンピューターが「戦いは無意味」と悟るシニカルな終わり方。バーチャルパニックの名作の前ではかすんでしまいます。

|

杉浦茂

読売新聞のCM

 いや、まさかこんな形で杉浦作品を見ようとは。
『猿飛佐助』から人生の一番大事なことを学びました。

 空腹にまずいものなし

考えるほど奥の深い一言で、生きていく支えになっております。

 あと、「おなかがすいたら、かなしくなっちゃうよぅ」も杉浦作品だっけかな。

|

バリー・グレイとUFO

 原稿がらみで検索してたら、バリー・グレイのサントラ集を出ているのを発見。

なんと!「UFO(謎の円盤UFO」が収録されているじゃありませんか!

Stand by for action! バリー・グレイ作品集

 UFOサントラは「日本で発売されるぞー!」>「実はカバー盤でした」みたいな騒動が度々あったので、やっと落ち着いて聴けるものが発売されるのは、実にめでたいことです。ジェリー・アンダーソンファン初心者にもこれはお薦め。

 残る未発売の大物は、ロイヤル・ナイツのサンダーバード主題歌ぐらいかな。

|

リピートは苦痛である

 とあるビデオクリップを見ていたら、同じシーンが編集で何度も繰り返しで出てきて気持ちが悪くなってきました。

 なんでこうも気持ち悪いのかを考えてみたのですが、 記憶というの時間軸上連続しているモノです。そこに同じ事が繰り返されると、何がいつ合ったのかの時間感覚がおかしくなり、脳が拒否するのではないかと思うのです

 あるラインに達すると、情報をシャットダウンすることを憶えるので気にはならなくなりますが、真剣に記憶しようとする人ほど、リピートの影響は出てくると思います。ましてや時間軸整理をしながら見るドラマを繰り返すのは「意図的な麻痺による洗脳である」と言っても良いんじゃないんでしょうか

 関東深夜ではウナコーワとか、ハウス食品のCMが連続してリピートされます、私は絶対買いたくありません。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »