« 投票率を上げる方法 | トップページ | 大さん橋にイージス艦 »

差別の気持ち

 差別をテーマにした企画を考えていまして、先日はそのヒアリングみたいなものを行いました。

 「何故差別は起こるか」のプロセスを検証していこう企画なのですが、話を聴いた20代の男性がこういう事を話しました。

「なぜ、差別ネタをわざわざやって、あることを強調するんですか?」

「僕は、学校で「差別を無くそう」という授業を受けて、差別はあるんだ。みんなやってるんだ。自分もしてなきゃいけないと思いました

 さすがに、これを聞いて凍り付きました。

 侮辱する意味を伝承していく というのが差別の根源だと思っていたのですが、差別しないと仲間はずれになると言う発想は、いじめの構造に近い物で、もはや(過去の因縁とかの)理屈ではないからです。

 「絶対この企画は通らない」と言われてるプランニングですが、形になるようであれば、こういった事も、踏まえていきたいと思います。

|

« 投票率を上げる方法 | トップページ | 大さん橋にイージス艦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事