« ぼくらはVHSを見ていた | トップページ | フィクションの中の政治 »

「レスラー」

 観てきた人の評判良かったので、私も観に行ってきました。

 映画としてはありふれてるなーと思いましたが、主人公ランディの悲壮感がなんともすごすぎます。ミッキーロークの人生とも重ねて語られる事が多いのですが、エンターテインメント仕事の(末路の)有り様を見せつけたところが、ぐっと来るところではないでしょうか。

 業界人ならかなり胸の痛くなる映画だと思います。

 血を流してお前を満足させた続けたじゃないか 

 もし  の男が現れたら、それが俺 (主題歌より)

 お薦めですが、うつの気がある人は見に行かないように。 精神的に応えた人は「プロデューサーズ」、「世界最速のインディアン」をレンタルで借りて観ましょう。

|

« ぼくらはVHSを見ていた | トップページ | フィクションの中の政治 »

映画・テレビ」カテゴリの記事