« マーケティングから考える | トップページ | 秋葉が物騒になってる »

コンテンツ特区

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090531AT3S2903L30052009.html

 具体的になにやるんでしょうね。

 だいたい150%の成長を見込むためのビジョンが見えてこないのなら、何やっても駄目のような気が。

 個人的に望むのは低所得の産業従事者のための住宅確保

 具体的には、都道府県や、国で、老朽化が進んでいるものの、まだ耐久性が残ってる空きアパート物件などを家賃補助という形で確保する

 そこに入居したい場合は、月10日以上の従事証明書が必要。ここでアニメーターの動画とか、マンガのアシスタントとか、劇団員とかに貸し出しを行う。

 家賃費用は月1~3万円。 入居期間は基本1年で、半年ごとに延長審査有り。

 要は家賃補助をしてあげる代わりに、その分の空いた時間で自分のクリエイティブな時間を取れ と言うことです。 自称クリエイターのニューニートを産み出してもどうしようもないので、何もしてないのはどんどん追い出すと良いです。

|

« マーケティングから考える | トップページ | 秋葉が物騒になってる »

オタク考察」カテゴリの記事