« ヤマト復活編 | トップページ | 一言まとめ »

ターミネーター4

先行上映で見てきました。

 出来は悪くも無し、さりとて良くも無し。

 未来の殺人ロボットと戦うというアイデア(元ネタはアウターリミッツでありましたが)を映画としてまとめたのが『T1』

 それをアイデアを活かした大作映画にしたのが『T2』、キャメロンのエンタテインメント資質があるからこその映画だったと言えます。

 それ以降はと言うとただの「設定いじり」映画。

 今回も同様で、設定にふりまされまくって全然話についていけません。しかも『サラ・コナークロニクル』との関連性も否定されているので、単独で見ると何が何だかわからない映画になってます。

 ただ、幸いなのは(バットマン役者の)クリスチャン・ベールによる、ジョン・コナーのヒーローっぷりが良いので、役者の力で映画に風格が出ているところ。充分見応えのある映画にはなっています。

 調べてみたらこれは新三部作の第1話なんだとか。 また時間改変のつじつまが会わなくなって「別の時間軸になった」オチやるんだろ!やるんだろ!推理放棄のパラドックス脚本は、そろそろうんざりです。

|

« ヤマト復活編 | トップページ | 一言まとめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事