« 創造とは | トップページ | スマートフォン »

真夏のオリオン

 実話を元にした戦争映画だと思っていたら、大東亜戦争をオモチャにした潜水艦バトル映画でした。

 沖縄戦が終わり、原爆が投下されている終戦直前の状況で、潜水艦艦長がリベラル人道主義で戦争やってるフィクションを、よく作れたものです。情報封鎖されていたから知りませんでしたというのなら、登場人物全員が救いようのない馬鹿です。

 楽譜一枚で、国家の最前線で戦ってる人間が心通じ合えた? なにそれ

 映画の途中で、怒りを覚えたのは始めてかも。実際にあった戦争や兵器を安易に題材として使う風潮には、断固反対します。

|

« 創造とは | トップページ | スマートフォン »

映画・テレビ」カテゴリの記事