« 児童ポルノ規制 | トップページ | JAnicAの絵コンテ講座 »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破(ネタバレ)

(ネタバレしてますので要注意)

 サプライズ部分は大変面白かったです。主人公が核になって一丸となっていく展開も良い。

 以下はこの映画が大好きな人は不快になると思いますので、くれぐれも読まないようにお願いします。 

 

 

 終わった直後の感想は「23話ぐらいまでが一気に前倒しになってるだけで、お話自体は変わっていない」。キャラクターが交換されたことは、余り意味を持ちません。またしても逃げては帰るの繰り返し。

 特有のうさんくさい設定を、説明台詞で補ってるだけなのがかなり気になりました。絵で、意味合いをがつーん!と見せてるシーンがなくて、バトルシーンばっかなのでポケモン映画とあまりかわらん気がするのです。

 新キャラクターと新メカは投げっぱなしという気がしないでもない。顔見せの尺にしても、「私はあなたより知ってますよ」の浅い情報自慢の台詞ばっかり。これは「無知な人間を振り回しているだけ」なので、ストーリーになんら加わっていません。

 式波アスカは、独壇場とも言える大活躍で良かったのですが、映画ラストの予告編見て「今日の日はさようなら、また会う日まで」が文字通りの、そのまんまなので、もう呆れるやら。

 ドラマパートに見られる「変顔(片目を開いてねめつける、ビックリ目)」「赤面」の古くさい演出がどうにもださくってしょうがない。くわえてお弁当のままごとエピソード、全体的に、オヤジ臭がしまくりなんです。 もういいかげん自分の好きなもの膨らませるだけでは、やっていけんと思うのですが

 メカパートの演出とか、ぶるぶるションベンちびるぐらいすごかったのですが、人物描写の甘さが、始終足を引っ張ってるように思えました。

 結局、レオゴン(帰ってきたウルトラマン「許されざるいのち」)、がやりたかっただけなのかなぁ。

|

« 児童ポルノ規制 | トップページ | JAnicAの絵コンテ講座 »

映画・テレビ」カテゴリの記事