« 東芝ゆるゆる | トップページ | 才能は力なり »

劇場版グレンラガン螺巌編

 ん? アバンでやってるロージェノムとのど突き合いと同じ事を、クライマックスでまたやってるわけですが、重複の韻を踏んでいるのか、ただ単にワンパターンなのかよくわからんです。

 お祭り映画というコンセプトなので「映画に全然なってない」ことは、おいとくべきなのでしょうか?前作同様、ノー根拠の大上段台詞で、物事が解決するわけですが、こってり見せられるとさすがにうんざりします。大声で威圧すれば、無限レベルアップして勝てるってもんじゃないっしょ。

 ニアの消滅のシーンとか、すごく良い終わり方だと思うので、照れずに物語を書ききる能力が全般的に欲しいとこです

 基本ゲッターのオマージュとのことですが、ゲッターの終わりは、宇宙悪との番長ファイトじゃないと思いますぜ。

 アニメ映画としては、楽しい作品だと思いますが、「勢いだけ」ではないプラスアルファを持たないと、どんなに本気出しても軽い内容になってしまうのだと思います。

|

« 東芝ゆるゆる | トップページ | 才能は力なり »

アニメ・コミック」カテゴリの記事