« おそるべし山の雨 | トップページ | 栗本薫さんのこと »

シャッター商店街の活性化

 地方をちょいちょい回ります。最近は萌えやアニメで街興しといった例もあり、実は相談の打診もあったりするのですが、一時期的な話題性に頼るだけでは、根源的な活性化にならないので、話題作りだけでは駄目だという話をよくしてます。

 商店街が寂れシャッター化する原因は、「お店を活性化できない」ことがあります。古くからの店舗主が貸したがらないので、廃業=廃屋化が進んでいる例をよく見ています。

 まずはアクセス整備が必要です。 具体的には駐車場、駐輪場の確保を町内会、自治体として取り組む必要があります。

 次に店舗の回転を早める。若い起業にも対応できるような安く長期的に借りることの出来るところでないとムリ。個性的な店が増えることで自然と集客数も増えてきます。

 そして、イベント。 足を向けるきっかけがないと存在自体が知れ渡りません。

 アクセス、店舗、イベントこの三つのバランスが良くなれば、町の基礎体力が回復していくと思ってます。

|

« おそるべし山の雨 | トップページ | 栗本薫さんのこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事