« 笑い | トップページ | pixivの有料化 »

湯けむりスナイパー実写化

 昨日知ったので、エイプリルフールかと疑ってしまいましたが、本当でした。 4月3日深夜から放送開始です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/yukemuri/

 湯けむりスナイパーとは漫画サンデーに連載されている、原作 ひじかた憂峰、作画松森正による、元暗殺者が秘境の温泉宿で第二の人生を過ごすという話。

 元になってるのが「ライブマシーン」という漫画で、これがマンガファンはおろか、業界人ですらリスペクトしまくる伝説のコミック。

ライブマシーン (キングシリーズ 漫画スーパーワイド)

 この作品のスピンオフ的な内容から「湯けむりスナイパー」第一巻が始まっています。その筋のファンなら、連載一回目から大注目していたマンガなのです。

 しかしながら、地味な内容なので余り取り上げられることもなく、書店に配本すらされないこともあり、単行本を買うのに神保町まで出かけたことを、よく覚えています。

 その「湯けむりスナイパー」がまさかの実写化。 殺し屋から下働きに転向の、ギャップを狙ったコントじみたドラマになったら嫌だなぁと思ってましたが、先日の放送前特番を見る限りでは、内容吟味の上で「ドラマ上で出来ること」を考えた作りのようなので一安心。

 キャスティングはマンガと印象違うのですが、物語の意味合いから分解すれば、元殺し屋役の遠藤憲一氏はすごくいいキャスティングだと思います。最近だと映画『クライマーズ・ハイ』の上司役とかが実に良い。

 監督は、なじみ深いところでは『ライオン丸G』の大根仁氏 教えて貰ったところでは、「湯けむりスナイパー」はすでに熱く語っていたので、大丈夫ではないかと思います。

 一つ難点は、SONYと東芝の現行機で確認したところ、放送がバラエティ7というタイトル枠に押し込まれているので、録画しようとすると「湯けむりスナイパー」は見つかりません。録画してもスポーツ番組と一緒になってしまいます。 なんでこんな意味のない編成するのか分かりません。 しょうがないのでテレビ東京金曜深夜12時頃のバラエティ7で確認するか、録画して下さい。 

 さておいて、ドラマと共に原作が再評価されバカ売れして欲しいと願うところです。

湯けむりスナイパー VOLUME1 (1) (マンサンコミックス)

 ホンモノとはこういう作品のことを言うんですよ!

|

« 笑い | トップページ | pixivの有料化 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221972/44542722

この記事へのトラックバック一覧です: 湯けむりスナイパー実写化:

» ドラマ 『湯けむりスナイパー』 [脚本家になりたい!シナリオ研修生の映画・読書日記]
JUGEMテーマ:深夜ドラマ全般こんにちはあざらしです。湯けむりスナイパーにかんして、ネット上でちょっとした噂を目にします。湯けむりスナイパーは、テレビ東京のドラマ24の枠で放映されているドラマ。同名のマンガをベースにしたものですが、この漫画の原作者はひじかた憂峰。この原作者が、どうやら以前このブログでも紹介した狩撫麻礼らしい…いや噂ではないのかもしれん…数年前には、実は・・・らしい、と書かかれていることが多かったのが、最近でははっきりと、ひじかた=狩撫麻礼だとなっているのをよく目にします。狩撫麻礼... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 13時28分

« 笑い | トップページ | pixivの有料化 »