« アナログ漫画家は滅ぶ | トップページ | 正しいけなし方 »

過剰な正義

 正義感を持つことは大事なのは、リスクを伴うからである。

 リスクのない正義は暴力の源である。

 例えばフィリピン一家の話。不法入国して日本にいる家族に当然退去命令が出るわけですが、その時に日本語しか話せない子供がフィリピンにいられないから、日本に許可を求めるという件。

 私は一家揃って国外退去が妥当だと思います。その上で日本国内での奉仕活動とかを課すことで、再入国の減免するというのが一番だと思うのです。そういう罪をつぐなう覚悟を見せた家族には、結構優しくなれると思うのですが、現状のままで都合良くしろというのは、ただのエゴイズムで人権を持ち出すことには私は反対です。

 日本とフィリピンの人材交流を考えて、今後の日比関係の発展に寄与することを考えずにいるヒト、「親子が引き離されるのはかわいそう」というドラマで釣ろうとする側、自分は安全なところから「犯罪一家を許すな」とヒステリックジャスティスを振り回す人達がいるので、どういう結果になっても互いに不満が残るような気がします。

 どっちも「正しい」ことをやってるつもりなので、過剰行動を起こすエネルギーが溜まっているわけです。

 正義感が暴力の発火点になることをちゃんと理解してないと、行き着くところは殺し合いなのは、過去の歴史の記すとおり。

|

« アナログ漫画家は滅ぶ | トップページ | 正しいけなし方 »

オタク考察」カテゴリの記事