« うまい!棒ラーメン | トップページ | WBC »

雑誌が売れないのは当たり前

 個人的にはマンガ雑誌が昨今売れないのは当然だと思うのです。

 マンガというのはストーリーがあります。継続して雑誌を購入している場合は、前回のストーリーを覚えている者ですが、新規読者にとっては、細切ればかり見せられても、面白いはずがありません。

 新規客が獲得できなければ尻つぼみになる一方で、、新たに本を買って貰うには、アニメ化>新規客流入のパターンに頼らざるを得ない状況なのかも。

 これをカバーするのは、作家側の資質で、毎回にストーリーのメリハリを持たせることで、新たな読者を獲得していく必要があるのですが、「基本設定説明が重複するため」結局は最初から読んでる人向けに書いてしまうことになります。

 一番良いのは、連続性を持たせつつ、毎回のストーリーが独立して面白い作家ということになりますが、この技量を持った作家は、極めて少ないというのが現状です。

 最近某雑誌を読んでいたら、前回までのあらすじがフリートークで、「これはあらすじではない」で締めくくられていました。ギャグ物にはあらすじはありませんし、まとめるのも難しいと思いますが、だからと言って責任放棄して良い理由にはなりません。 

 ひどいのになると、担当作品のキャラ名やストーリーすら覚えていない編集者もいます。ストーリーに関心のない編集者ではどうしようもない気がします。

 雑誌が売れないという前に、売れるためにやるべき事は、まだあるのではないかと思うのでした。

|

« うまい!棒ラーメン | トップページ | WBC »

オタク考察」カテゴリの記事