« 評価を見極める | トップページ | テレビのこれから »

評価嫌いにつけるクスリ

 デビュー前の新人さんといろいろお話。

「言われたとおり直しても、面白いものにはならない」

 というのが、概ね共通した悩みのようです。

 これに対抗するには、「文句を言わさないレベルを書く」と言うことではなく、「文句を言わさないレベルを知る」ほうが先だと思うのです。素人が大御所クラスのものを書こうとしてること自体が無理。

 自分の批評に文句を言う人に限って、プロのいい仕事を見ていない人が多いのも事実。

 ここで勘違いをしてはいけないのが「自分が好き=良い作品」とは限らないこと。 一生懸命好きな作品を模倣しても、他人から見たらパクリ作品でしかないわけです。 ましてやプロの世界に飛び込もうとするなら、二番煎じには余計評価は厳しくなります。

 書く力と同じく、読み取る力も必要なので、口を酸っぱくして「色々な作品を見ろ」と言われる訳ですが、「そういうのを見ない方がかっこいい」とか言ってたら、そこ以上、先に進めなくなるのではないかと思うのでした。

|

« 評価を見極める | トップページ | テレビのこれから »

オタク考察」カテゴリの記事