« 国連でギャラクティカ | トップページ | 評価嫌いにつけるクスリ »

評価を見極める

 最近他人の評価で気をつけているのが、「その人の判断基準」

 いいかげんに見えても、ちゃんと根拠があったり、意味ありげに語ったところで、中身のないものだったりと、人様々です。他人を語ってるつもりでいて、けっこう本人の性格が出ます。その性格を推理する楽しさというのもあるのではないでしょうか。

 気にしているのが「快/不快」が判断基準の場合。個人の価値基準が判断元なので、

「これは好きではない。何故ならば~」で話を続けられる人は良いのですが、

「これは好きじゃありません。 理由は別に…」だと聞く側も時間の無駄です。

 困るのが「自分は気に入らない」から、延々不快理由を書き連ねるもので、最後には改善のヒントも何もない感情論になってしまうことが、ままあります。

「気に入らない」

「じゃ、今回はご縁がなかったということで」

で、スッパリ切ったほうが双方のためのような気もします。

|

« 国連でギャラクティカ | トップページ | 評価嫌いにつけるクスリ »

オタク考察」カテゴリの記事